FC2ブログ

*四季の風便り*

風がつぶやいたひとりごと...

夏と秋が同居した庭…  


DSCF76631.jpg



雨あがりの庭には夏を知らせるお花と一緒に
秋の七草に歌われるキキョウが蕾を膨らませている



DSCF76511.jpg



こちらはキンギョソウ・・
(あくまでも当地方での呼び名)
数日間の雨で細い茎が倒れ
楚々とした花姿もちょっとお疲れ気味



DSCF76691.jpg





ガラッと話は変わって
私の趣味のひとつに日舞があるのですが
今回、新曲で三味線を小道具のひとつに使用することになり
本番はともかく
お稽古に本物の三味線は重くて・・と
保育士の友人に話したところ
写真のような三味線の模造品を作ってくれました。



DSCF76751.jpg



工作大好きという友人は
できるかどうか自信がなかったと
ナイショで奮闘してくれたようです



DSCF7676.jpg



踊りに支障をきたさない
とても軽くて持ちやすい三味線

人の事でありながら
いつも、どんな時にも
自分の事のように真剣に向き合ってくれる友

同じ年なのにお姉さん的存在の彼女
ホントに感謝の二文字・・
こういう友がいてくれるという事
ありがたいです

ちょっとプライベートな話になってすみません 。。



汚水こそが神秘な花を咲かせる…  


3日続きの梅雨らしい雨にちょっと安堵を覚えながら

梅雨の晴れ間に近くの沼地へ・・



DSCF76331.jpg



この可愛いハートの正体は・・

これ⤵



DSCF76131.jpg



小さな葉っぱがクルリン



DSCF76111.jpg



降り続いた細い雨糸が

沼地に残した歓びの光粒



DSCF76231.jpg



そう

ここは泥水の中で生まれ

神秘の花を咲かせる蓮の沼地



20160620_06363911.jpg



夜明けと共に開いて午後には閉じる

僅か数時間だけの花の宴



DSCF76161.jpg



泥水である程、綺麗に咲くという蓮

美しく咲いて美しいまま

生涯を終える・・


それもまたしあわせ・・だよね。。


梅雨空を見上げて…  


薄墨を流したような雲が空一面を覆い隠す

梅雨空に
左右されるほど若くはないのに
今日の空に潰されそう・・



DSCF751522.jpg



梅雨空が
遠い想い出をつれてくる

色褪せたはずの想いが
今日は鮮やかな色を纏って・・



DSCF752112.jpg



時間(とき)の流れだけが
変わらないリズムを刻んで・・

確かなもの
変わらないものがひとつだけある

それは
私がここにいるということ



DSCF75322.jpg



毎年この場所で
今日はこの子
明日はあの子

昨日の事なんか忘れてしまったという顔をして
変わらないその花姿に慰めをみる。。


ダブルクリック…  


『 ダブルクリック 』

パソコン用語ではないんですよ...
これ・・
秋桜の名前なんです

コスモスと言うと
晩夏から初秋のお花だと思いますよね
(キバナコスモスは夏ごろから咲き始めますが・・)

これは早咲き秋桜なんです...



DSCF75721.jpg



花姿に一目ぼれして
無理かもしれないと思いつつ
4月末に遅すぎる種植えをしたのですが
見事に咲いてくれた一番花です

昨夜から一昼夜降り続いた雨
華奢な茎が折れ始めたので
摘んでキッチンに...



DSCF75811.jpg



自然の流れに逆らわず
囚われない投げ入れもナチュラルでいい。。

(こんな風に生きられたら楽なのにね。。) ← ココロの声 (o˘◡˘o)


幾重にも重なった花弁が
ゴージャスで
従来のイメージが覆された秋桜です



DSCF75831.jpg



窓辺に置いたコスモスは
透過した光がより華やかさをプラスして
暗い梅雨空を払拭してくれました。。


ホントに大切なものは…  


かの有名な源平合戦はどなたもご存知でしょう
では、その源氏と平家に例えられたお花はご存知ですか・・?


白いガクは源氏 
紅い花が平家
で、名前はゲンペイ(源平)カズラ

今でも紅白合戦なんてあるのはこの名残なんでしょうか。。


DSC_09441.jpg


目に見えないところで
明日咲こうとする蕾が
一生懸命力を蓄えているのかもしれない

白いガクから紅い蕾が飛び出す



DSCF74891.jpg


赤と白のコントラストが源平の戦いを象徴させるかのように
花びらが開くと長いおしべとめしべが攻撃的(?)

光をあてると白いガクは緑帯びてくる



DSCF74861.jpg


希望に胸膨らませ
小さな世界から飛びだしたその眼には
この世界がどんな風に見えるのだろう


ホントに大切なものは
眼には見えないけど
確かに実在するもの・・
ココロでかんじるもの・・

優しさであったり
労わりであったり・・


白い魅惑…  


DSCF41611.jpg


暗い森林から抜け出すと
輝く陽射しから放出されるパワーが大きく感じられる




DSCF73681.jpg


目立たないように
みんなの中に溶け込んで

それでも目立ってしまう・・


DSCF73671.jpg


初夏に咲く白いお花は無垢な少女・・?
それとも白いドレスに身を纏った貴婦人・・?


気品あふれる気高き ”白”


私は
白い日傘が似合う大人の女性を連想して
初夏に白いお花を見るとドキッとしてしまう。。



ノウゼンカズラ…  


石積みされた公園の一角で
降り注ぐ陽ざしを受けて
より鮮やかなオレンジ色を発していた


えっ!蔦を委ねるフェンスも壁面もないのに・・?


DSCF70811.jpg


急いで駆け登ってみると
等間隔に杭のようなものが立てられて
桟代わりに紐が張られていた

それに気根を付着させ蔓を伸ばして
見事に緑のフェンスをつくっていた


DSCF73531.jpg


我が家の裏庭にある小さなガーデンファニチャースぺース
毎年この時季になると、お隣から〝こんにちわ”
笑顔で遊びにやってくる


DSCF80491.jpg


流れるように蔦を伸ばし
風に揺れるブランコのように
気ままに揺れる姿が好きです


DSCF88501.jpg


青空をバックに
天までも伸びる気配・・
(どう考えてもそれはないですけどね笑)

オレンジの花びらがシャワーの如く
天から降りそそいできたら・・
雨の日だって楽しくなりそう。。


涼を求めて…  


ちょっと深まった里山へ


DSCF73811.jpg


歩き進むと
山からのわき水が集まってきてるのでしょうか
小さな滝(?)らしきものと水場を発見


谷底に降りて素足で水と戯れる
思わず「気持ちいい 」+.゚(´▽`人)゚+.゚の連発

足元からヒンヤリした冷たさが
汗した身体を巡る


DSCF73841.jpg


梅雨と言っても当地は名ばかり
全く雨が降りません。
☔マークを期待してもいつも裏切られ


DSCF74181.jpg


遠くに聞こえる野鳥の声と
流れ落ちる水音に暫し涼を楽しみ
再び歩き始めると
道端に咲いていたお花にも涼をもらって
気持ちも、もちろん足取りも軽く
岐路に着きました







ところで
皆さんはハグロトンボってご存知ですか?


梅雨に入った直後7月頃になると
清流またはその近辺を舞うように飛んでいます
でも、見かけるのは朝夕だけ・・


羽化したばかりの成虫は少し休んでから
綺麗な水場に戻るといいます


DSCF74351.jpg


胴体が綺麗なエメラルドグリーン(金緑色)で輝いているのは雄


DSCF73401.jpg




雌は全身黒一色
太陽の光が反射して神々しくさえ感じた瞬間



地域によっては
神様トンボと言われるハグロトンボ

ご先祖様の魂が姿を変えてお盆に帰ってくるのがハグロトンボだとも・・

人間が勝手にいろんな説を唱えて
トンボにしてみればいい迷惑かも
でも、トンボはそれすら知らないでしょうね。。


そういう私も少しだけ・・
あの子が帰ってきたと
愛おしい目でトンボの行方を追っている自分がいます


瀬戸内への誘い…  


7月19日から3年に一度開催される現代アートの祭典
『 瀬戸内国際芸術祭2019 』 が
瀬戸内の島々を舞台にして開催されています


DSCF7307.jpg



【ネット情報】~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

春・夏・秋の3シーズン
春(ふれあう春)|2019年4月26日[金]—5月26日[日]31日間
夏(あつまる夏)|2019年7月19日[金]—8月25日[日]38日間
秋(ひろがる秋)|2019年9月28日[土]—11月4日[月]38日間

瀬戸内海に浮かぶ12の島と2つの港を会場に、アートプロジェクト・イベントが展開されます。
この芸術祭は、「あるものを活かし新しい価値を生み出す」という方針のもと
現代アートを通して、島の生活や文化、歴史などを浮き彫りにするものです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~【ネット情報】


春は終了しましたが、夏・秋はこれからです
機会があれば是非、瀬戸内の素晴らしい島々を巡ってみてください





そしてこちらは
全国シェアの90%を誇ると言われる丸亀市のうちわ
日本一のうちわ産地です


DSCF73091.jpg



うちわと言えば夏の風物詩・・


一本の竹から幾つもの工程を経て作り上げる
職人さんの技・匠の技ですね

量産されるポリうちわとはひと味違った
温もり、風情があります
近年うちわとしての本来の役割は減少しているようですが
伝統工芸品としてお土産や
インテリアなどの分野で今なお健在です



DSCF73101.jpg



ここはスタバの壁面にプロデュースされている壁面(うちわ)
こうしてみれば
たかがうちわ、されどうちわ
アートですね~


▲Page top