FC2ブログ

*四季の風便り*

風がつぶやいたひとりごと...

忘れてないよ…  


DSCF022511.jpg


頬を通り抜ける風に

あの日が蘇る

悲しみを拭い去るには

まだ時間が足りない

いえきっと

終わることはないのだろう

友人から言葉に変えてお花が送られた

「忘れてないよ」・・

新たな悲しみが生まれた



見上げた先に…  


DSCF66541.jpg


立ち寄った図書館の入り口に
新芽を伸ばした
見るからにやわらかい葉が
風にそよぎ
建物の狭間で空間を埋めていた


DSCF66511.jpg

ズームで寄ってみると
枝先に蛾(?)が一匹
両手でしっかり捕まってる様子
今にも落っこちそうな気配

DSCF66531.jpg


画像を上下回転させると
ちょっと違和感あるけど
安心して見られる・・



「蛾」 と言えどもシックな装いで綺麗な姿・・
でも、好きにはなれない・・かな...
(蛾という先入観が邪魔してる)


このイチョウの木は3年前には8メートルほどあり
秋には黄金の葉が風に揺らいで素晴らしい光景だったのですが
諸事情によりバッサリ剪定され、切り株しか残っていませんでした...

それが今再び、陽ざしを受け、緑豊かに季節を育んでいます
自然の恵みによって命が繋がれるってすごいことだと
見上げた先の緑に改めて感動でした。。


花冠…  


四つ葉のクローバーを見つけると
いいことがあると言う・・
ただ漠然とした言葉にキラキラしたものを感じて
一生懸命探してた子供の頃

女の子はそういうのが好きなんですよね
でも、最近の子供たちってどうなんだろう

クローバーを摘んでる子
見かけないなぁ・・


DSCF66042.jpg


ひとつ見つけると
その近辺には沢山あるというのを知ったのは
遥か後になってから・・



花冠やネックレス、ブレスなど沢山作って無邪気に喜んでた・・

思い出して作ってみた...


DSCF64691.jpg



帰るはずのない主の部屋でずっと待ち続けるこの子
娘にねだられて作った米山京子の人形

はなのかんむり あげましょ!!
たいせつなあなたに

う~ん・・きっと

あの子も同じことをしたはず...♡(ˇ◡ˇღ)


目に見えないもの…  


優雅さや豪華さには欠けるけど
誰もが知ってるタンポポ


20160406_0855251.jpg


タンポポの綿毛にも花言葉があるんですよね
風にのって遠くへ旅することから 「別離」

この花言葉にはとても寂しいお話があります。
【ちょっと長くなるので、適当にスル-してくださいね】

南風が美しい黄色い髪をした少女にひと目ぼれ
毎日夢中になり見つめ続けるうちに
少女の髪は白髪になり老婆になってしまいます。

南風は悲しみのあまり大きなため息をつくと
綿毛(白髪の老婆)になったタンポポは一瞬にして飛んで消えてしまった・・
というタンポポにまつわる少し切ないお伽噺ですが
これが綿毛の花言葉となった由来だそうです。


DSC_06591.jpg


でもネガティブな花言葉ばかりではありません

春に新たな花を咲かせるように
大きな愛が育まれ、幸せや愛に満ち溢れるという意味から
『真実の愛』 『愛の信託』





DSCF54651.jpg


春のくるまでかくれてる
つよいその根はめにみえぬ
見えぬけれどもあるんだよ
見えぬものでもあるんだよ

冬の間、何も見えないけれど土の中に根を下ろして
春になると、ビタミンカラーを届けてくれるタンポポ

この世は見えないものだらけ・・・

一番見えないのは
見えたようですぐ見えなくなってしまう
人のココロ。。。

麦秋の香…  


車窓から見える黄金に熟した麦の穂


DSCF62941.jpg


初夏の風に揺れるしあわせ色


DSCF62951.jpg


穂先が風に擦れ合う
麦の香りがどこか懐かしく
幼かった頃を引き寄せる

そろそろ刈り入れ時かな。。





▲Page top