FC2ブログ

*四季の風便り*

風がつぶやいたひとりごと...

第九のふるさと…  


予期しないことにココロ騒ぎ、1週間の御無沙汰になってしまいました…
押し迫った年末を迎え皆さん多忙な時期だと思うのに
更新もしていないブログに毎日ご訪問いただき、
貴重な時間にワンクリック、コメントまで添えていただきありがとうございます
恐縮しています。。




久し振りの更新です。。
一度や二度は聴かれたことがあると思うベートーベン交響曲第九番
天使にラブソングでも歌われている『第九』
今は年末の風物詩とも言われています


DSCF2669.jpg


その『第九』が初めて演奏されたのが徳島・鳴門(板東)
日本初年100年になる2018年
東京音楽学校の学生により演奏された会場が
上野公園の一角に旧奏楽堂として保存されているそうです。


DSCF26571.jpg



等身大の人形が突然動き出し、15分間の演奏を聴かせてくれます
その他にも生活シーンが実物さながらに再現され紹介されています
例えば
食事時のテーブルではナイフとフォークがぎこちないけれど動き出す
グラウンドで野球を楽しむシーンではバットが空(くう)を舞う
会議の席ではゼスチャーを交え熱弁をふるっている姿など…

捕虜たちは演劇・スポーツ・講演・学習など多彩で
収容所内で1週間に一度コンサートを開いていたそうです


img0011.jpg



『第九』の礎を築いたのが、第一次世界大戦で敗れ
徳島・丸亀・松山から鳴門(板東)に収容され
捕虜となったドイツ兵1000人

四国八十八か所参りのお接待、
おもてなしの心でドイツ兵たちと接するうちに
与え、与えられる日常の交歓風景が当たり前になったようです

初めて訪れたドイツ館だったのですが
時空を超えた100年前の不思議な空間

捕虜とはいえ、マイナス思考はなく
明朗活発なドイツ(人)の文化を垣間見ると同時に
言葉は通じなくても、心は通じるものなんだと
人の温もりを感じた一日でした。。


室生寺の秋…  


高野山が女人禁制(明治時代の初期)だったことに対し
室生寺では女人の入山を許可していた為
「女人高野」と呼ばれているそうです。


DSCF2096.jpg


この赤い桟橋を渡ると正面に本坊と護摩堂
右には仁王門から本堂(国宝)、五重塔へと続く


DSCF2117.jpg


DSCF2131.jpg


高さ16.1㍍屋外に立つ五重塔では最小のものだとか・・
それでも・・やっぱり高い!!
九輪の相輪が珍しく国宝に指定されている


DSCF2101.jpg


春は奈良随一のシャクナゲ
秋はモミジが名所と言われる花どころのお寺
因みに11月の毎週末にはライトアップされるそうです
私達はライアップされない日を選んで参拝したようです(涙)


DSCF2152.jpg


大自然に身を委ねて、ココロを解放すれば
素直な自分に出会える...

行き交う人との触れあいも
友人たちとの語らいも
自分の全てを肯定し受け入れられる
非日常の中で
ちょっとだけ自分と向き合うことが出来た
疲れていたはずなのに、気持ちは穏やかに弾んでいた..。。


1週間も引き延ばした記事にお付合いいただきありがとうございました。。




忍者修行の滝…  


DSCF2004.jpg


4㌔にわたる渓谷に添って
大小さまざまな滝が点在している

なんと赤目四十八滝は
森林浴の森100選
日本の滝百選
遊歩百選
平成の名水百選
美しい日本の歩きたくなるみち500選にも選出されているそうです。。


DSCF2001.jpg


苔むした岩場に秋を描く


DSCF2013.jpg
行者滝


DSCF2014.jpg


大自然に包まれ渓流の中を歩く


DSCF2016.jpg
霊蛇滝


DSCF2047.jpg


森林の香りは天然のアロマ


DSCF2028.jpg
不動の滝


DSCF2062.jpg


野生化したシカに遭遇
お土産売り場の方に聞くと日常の光景だとか...


DSCF2084.jpg


真っ赤に染まっていく過程の彩りがとってもナイーブ



up写真が多くなってしまいました。。
マイナスイオンたっぷりで
自然に満ち足りたハイキングでした。。

魔の空中散歩…  


鈴鹿国定公園の中に位置する標高1210㍍の御在所岳


DSCF17271.jpg


点在しているユニークな形の『奇岩』


DSCF17021.jpg


山頂までの高低差780㍍を結ぶ赤いゴンドラ
白い鉄塔とのコントラストが印象的
10人乗りゴンドラが1分間隔で運行されています


DSCF17291.jpg


途中、強風の為、上りは運行ストップ
下りは宙づり状態で30分ストップ・・
高所恐怖症の私にとって空中散歩どころでなく
生きた心地がしませんでした💦


DSCF17121.jpg

ゴンドラの車窓からは伊勢平野、伊勢湾、知多半島などが一望できます

これからの冬場は道が閉ざされ、雪深くなるエリア
寒暖差が創り上げる紅葉はまだ早かったのか・・・
それともこのまま
モノクロの世界へと様変わりするのでしょうか。。


DSCF17561.jpg


連山の谷間に点在する温泉宿(宿という言葉がふさわしく感じられる)
数年前までは観光客で賑わっていたと思われる湯の山温泉

空から見る限り、朽ちた建物が多く
本来の業務を果たせていないようだった...
奥深い山には歴史の流れを感じた。。


明日は赤目四十八滝へと向かいます。。




光が走る…  


「なばなの里」の続きです
進行方向に従って、海原に押し寄せる波の如く人が流れていきます


DSCF1762.jpg


イルミは静止画では十分お伝えできないですね
現地で見る感動をお伝えできないのが残念です...


目の前に広がる光の祭典

DSCF1986.jpg


芝桜と光の雲海をイメージしたスポット
私には宇宙へ飛び立つロケットに見えました...


DSCF1974.jpg


光が走る・・


DSCF1984.jpg


神秘な「青」の世界にただただ酔いしれて・・


DSCF1901.jpg


人の動線を促すように樹木が植栽されている
ライトアップされた木々が、光を浴びて華やかに彩る
(ブレブレなんですが、雰囲気だけ・・)



全国で700か所近い場所でイルミが始まるそうです
皆様も素敵な感動に出会えるかもしれませんね。。




~追記~

毎回沢山の拍手&コメントを戴いてありがとうございます
ブレ感が却って幻想的だと言うお言葉を戴いて
そのように見て下さったこと、ちょっと嬉しく思っています
もう少し旅先のレポが続きますので
どうぞお気遣いなく、スルーしてくださいね。。



▲Page top