FC2ブログ

*四季の風便り*

風がつぶやいたひとりごと...

結願寺の晩秋…  


DSCF14561.jpg


DSCF5489.jpg


DSCF5519.jpg


11月も明日一日
正確に言えば今日一日

紅葉もいよいよ終盤
今年はブログという媒体を通して
全国各地の紅葉狩りを満喫させていただきました...
ほんとに感動をありがとう・・でした。。


結願寺に刻まれた季節(とき)の流れ
降り注ぐ楓に愛しさと切なさの入り混じった想いを抱え
ただただ静かに愛でる時間・・・
11月最後の休日でした。。

来月もよろしくお願いします^^



室生寺の秋…  


高野山が女人禁制(明治時代の初期)だったことに対し
室生寺では女人の入山を許可していた為
「女人高野」と呼ばれているそうです。


DSCF2096.jpg


この赤い桟橋を渡ると正面に本坊と護摩堂
右には仁王門から本堂(国宝)、五重塔へと続く


DSCF2117.jpg


DSCF2131.jpg


高さ16.1㍍屋外に立つ五重塔では最小のものだとか・・
それでも・・やっぱり高い!!
九輪の相輪が珍しく国宝に指定されている


DSCF2101.jpg


春は奈良随一のシャクナゲ
秋はモミジが名所と言われる花どころのお寺
因みに11月の毎週末にはライトアップされるそうです
私達はライアップされない日を選んで参拝したようです(涙)


DSCF2152.jpg


大自然に身を委ねて、ココロを解放すれば
素直な自分に出会える...

行き交う人との触れあいも
友人たちとの語らいも
自分の全てを肯定し受け入れられる
非日常の中で
ちょっとだけ自分と向き合うことが出来た
疲れていたはずなのに、気持ちは穏やかに弾んでいた..。。


1週間も引き延ばした記事にお付合いいただきありがとうございました。。




忍者修行の滝…  


DSCF2004.jpg


4㌔にわたる渓谷に添って
大小さまざまな滝が点在している

なんと赤目四十八滝は
森林浴の森100選
日本の滝百選
遊歩百選
平成の名水百選
美しい日本の歩きたくなるみち500選にも選出されているそうです。。


DSCF2001.jpg


苔むした岩場に秋を描く


DSCF2013.jpg
行者滝


DSCF2014.jpg


大自然に包まれ渓流の中を歩く


DSCF2016.jpg
霊蛇滝


DSCF2047.jpg


森林の香りは天然のアロマ


DSCF2028.jpg
不動の滝


DSCF2062.jpg


野生化したシカに遭遇
お土産売り場の方に聞くと日常の光景だとか...


DSCF2084.jpg


真っ赤に染まっていく過程の彩りがとってもナイーブ



up写真が多くなってしまいました。。
マイナスイオンたっぷりで
自然に満ち足りたハイキングでした。。

魔の空中散歩…  


鈴鹿国定公園の中に位置する標高1210㍍の御在所岳


DSCF17271.jpg


点在しているユニークな形の『奇岩』


DSCF17021.jpg


山頂までの高低差780㍍を結ぶ赤いゴンドラ
白い鉄塔とのコントラストが印象的
10人乗りゴンドラが1分間隔で運行されています


DSCF17291.jpg


途中、強風の為、上りは運行ストップ
下りは宙づり状態で30分ストップ・・
高所恐怖症の私にとって空中散歩どころでなく
生きた心地がしませんでした💦


DSCF17121.jpg

ゴンドラの車窓からは伊勢平野、伊勢湾、知多半島などが一望できます

これからの冬場は道が閉ざされ、雪深くなるエリア
寒暖差が創り上げる紅葉はまだ早かったのか・・・
それともこのまま
モノクロの世界へと様変わりするのでしょうか。。


DSCF17561.jpg


連山の谷間に点在する温泉宿(宿という言葉がふさわしく感じられる)
数年前までは観光客で賑わっていたと思われる湯の山温泉

空から見る限り、朽ちた建物が多く
本来の業務を果たせていないようだった...
奥深い山には歴史の流れを感じた。。


明日は赤目四十八滝へと向かいます。。




光が走る…  


「なばなの里」の続きです
進行方向に従って、海原に押し寄せる波の如く人が流れていきます


DSCF1762.jpg


イルミは静止画では十分お伝えできないですね
現地で見る感動をお伝えできないのが残念です...


目の前に広がる光の祭典

DSCF1986.jpg


芝桜と光の雲海をイメージしたスポット
私には宇宙へ飛び立つロケットに見えました...


DSCF1974.jpg


光が走る・・


DSCF1984.jpg


神秘な「青」の世界にただただ酔いしれて・・


DSCF1901.jpg


人の動線を促すように樹木が植栽されている
ライトアップされた木々が、光を浴びて華やかに彩る
(ブレブレなんですが、雰囲気だけ・・)



全国で700か所近い場所でイルミが始まるそうです
皆様も素敵な感動に出会えるかもしれませんね。。




~追記~

毎回沢山の拍手&コメントを戴いてありがとうございます
ブレ感が却って幻想的だと言うお言葉を戴いて
そのように見て下さったこと、ちょっと嬉しく思っています
もう少し旅先のレポが続きますので
どうぞお気遣いなく、スルーしてくださいね。。



導きの神社…  


DSCF16551.jpg


椿大神社本殿には道開きの神様 猿田彦大神と
経営の神様と呼ばれていた松下幸之助さんの御霊が祀られ
別格岸椿神社には奥様の天之鈿女命が祀られている


DSCF1651.jpg


常緑樹に囲まれた境内で
鮮やかな朱がひときわ目を惹く
芸事や芸能関係の方々の参拝者が多いとか...


DSCF1642.jpg


パワースポットとして有名な(?)『かなえの滝』
自然の水ではなくて霊水だとか・・


DSCF16431.jpg


エネルギーが強く、悪いものを取り払ってくれる・・
この画像を携帯の待ち受けにすると願いが叶う・・
ビジネスの後押しをしてくれる・・
諸説は色々あるらしいのですが...
信じるも信じないも自分次第・・ということでしょうね。。


DSCF16491.jpg


絵馬に記された言葉に想いの深さを感じつつ
私は可愛い椿の絵馬に...
えっ!?何を書いたのかって??
もちろん!!
ブロ友さんたちの健康と幸せを願って・・ですよ~


DSCF1646.jpg


お社を取り囲むように配置された常夜燈
灯されたほのかな灯りは
夜の闇に幻想的な世界をつくり出すのだろうと
想像を膨らませながら一礼して神社を後に・・
御在所岳へと進みます。。




光の華回廊…  


なばなの里「イルミネーション」をメインに
学生時代の友人たちと合流して2泊3日のプチ旅行を満喫してきました。。


DSCF1797.jpg



「長良川の水辺の夢のような小さな村」と言うキャッチフレーズ
聞いたことはありませんか・・?
桑名市にある植物庭園「なばなの里」

今年のテーマは
「JAPAN」
~日本の情景~


DSCF1833.jpg



噂には聞いていたけど
綺麗とスケールの大きさに圧倒され感動の連続
さすが国内最大級を誇るイルミネーションでした。。



DSCF1799.jpg


約200㍍続く光のトンネルを抜けると・・


DSCF1821.jpg


四季折々に咲く彩豊かな植物や
自然の中で育んできた幼子の夢を彷彿させる物語など
日本の四季が色とりどりの光となって放出され
壮大で幻想的な世界が繰り広げられます


DSCF1844.jpg

満月の夜、かぐや姫が月へ帰ります

DSCF1845.jpg

月に帰ったかぐや姫
きっと幸せに暮らしていることと・・





ミニレポを続けさせてくださいね...





純日本生まれ…  


🎶 さざんか さざんか 咲いた道・・

おなじみの「たきび」の歌
山茶花が咲く頃になると思い出します・・
あなたは覚えていますか...

我が家は草花よりも花木が多くて
今は白・ピンク・二色混合の3色の山茶花が咲いています


DSCF5826.jpg


彩が少なく秋深くなった庭に綺麗色が加わって
小さな額縁の中の景色が変わりました


DSCF1390.jpg


雫を受けた山茶花は艶っぽくて
ハートの花弁が一層愛おしくなります。。


DSCF1353.jpg


こちらは穢れのない純白・・


DSCF1365.jpg


素敵な横顔でしょ!?

こういう花姿を見ると
季節の花を愛でるしあわせ感じます


DSCF5822.jpg

早くに咲いたものは
すでに空(くう)を舞い、地にハートを描いています。。

+α・・山茶花は純日本生まれです(*^-^*)



まだこれから…  


DSCF1487.jpg


黄金一色に染まったイチョウの季節が終わる


DSCF1493.jpg


楓が紅色に装いを変えるのはこれから・・


DSCF1491.jpg


雨上りの優しい光が色をも溶かす


DSCF1490.jpg


まだ、さよならしたくないのになぁ・・


DSCF1515.jpg

紅葉も黄葉もモニュメントのひとつ


過ぎた日々…  


3年前に廃校になったという山間部の小学校


DSCF1469.jpg


かつては元気な声が山々に響き
笑いと涙の歴史を刻んでいただろう校庭


DSCF1467.jpg


校庭の片隅に小道具入れらしきバラック小屋(?)
生徒が描いたと思われる壁画も色褪せて原型さえも留めていない...


DSCF1471.jpg


蔦が建物を取り巻き、秋の彩を濃くしている


DSCF14751.jpg


戻ることのない子供たちの笑顔と歓声


DSCF14621.jpg


季節は巡り巡って過ぎた日々を追う。。


▲Page top