FC2ブログ

*四季の風便り*

風がつぶやいたひとりごと...

剣山より振り返る…  


一昨年から登山に興味を抱き
近場から少しずつ体験登山をしています
まずは低い2~300㍍の山から(笑)


DSCF05651.jpg


剣山は巨石をご神体とする修験道の神社です
山頂の神社 剣山本宮 [宝蔵石神社の磐座]


DSCF05721.jpg


落差86メートルの鳴滝・・・七つの段があったことから七滝・・いつからか鳴滝に


DSCF06321.jpg


昭和から平成に変わった時、何を想い、何を期待したのだろう・・
記憶にないくらいだから、私の中では大きなことではなかったように思う
だけど人生最大の衝撃に襲われたのは平成・・


「昭和歌謡ソング」が
「平成歌謡ソング」に打って変わる日も近いのかも・・

いずれにしても明日からすべてを「令和」に変更
私の職場は西暦で記すようになりました。

元号が変わっても
生活スタイルは変わらないと思うし
自分の求めるものも変わらないと思う

気持ちだけは前向きに
平穏な日々が続く「令和」であってほしいですね。。


トキワマンサクの花…  


連休2日目・・
平成最後のお墓参りに行ってきました
お墓参りの梯子・・って気持ちが届かないのかな...

ちょっと遠くにあるお墓なので
こんな時でなければなかなか時間が取れなくて・・
言い訳ですけどね(^^ゞ


DSCF59811.jpg


墓地の近くのマンサクが見ごろと聞いて
もう遅いのではと半信半疑で・・満開でした


img_41.jpg


↑は昨年4月21日に撮影していたアカバナマンサクの蕾・・
銅葉色の葉っぱが個性的ですね。。

DSCF59721.jpg


img_61.jpg


↑これはシロバナマンサクの蕾が弾ける瞬間・・


DSCF59801.jpg

DSCF59871.jpg


マンサクの花弁は何かに似ていると思いませんか・・?
そう!あれです
ご存知の方は頷いてくれてるでしょうね・・(´∀`*)ウフフ


引き続いて楽しい連休をお過ごしくださいね。。



心遣い…  


今年も4ヶ月が終わろうとしています
同じくして平成という名の時代もあと2日
『令和』・・・ 新たな時代の始まり
どんな時代になろうとも前向きに捉えて進んでいきたいですね。。


5月5日は子供の日
数ある日本文化
海外でもあるのでしょうか。。


DSCF58941.jpg


またしてもいただき物の和三盆


DSCF58911.jpg


端午の節句に因んだ型押し砂糖菓子
可愛くてちょっと口にポイとは心が痛む・・
でも、みんな私のお腹に入ります(^^ゞ


DSCF58971.jpg


これもいただいたものですが
使っているものが凄いと思いませんか

六角ボルトやプラスネジ(?)を使って
母親が我が子を抱き、慈しむ姿を表現しています


DSCF58861.jpg


子供がいなくても祝日の自覚をと促してくれた
友人の優しい(?)心遣いが嬉しい一日でした。。


DSCF58561.jpg


咲く時期を忘れずに咲いてくれたアヤメ
まだ数本しか開花していないけど
お節句にはみんな揃ってお祝いできるでしょう。。


お休みの方も、お仕事の方も
平成から令和へ繋がれる瞬間を
自分らしくお過ごしくださいね。。

風に揺れる麦穂…  


農免道路を走っていると
ひときわ目を引く緑の畑を発見

車から降りて近づいてみると
清潔感のある緑香を放ちながら
「麦の穂」が風にそよぎ
右へ左へと揺れている


DSCF58091.jpg
                                            (ソフトフォーカスで撮影)



弾けるとこういうお花になるんですね
初見です( ..)φメモメモ


DSCF58171.jpg


麦秋の季節を迎える頃には
緑濃い麦畑が黄金一色に姿を変え
それもまた見ごたえある季節の光景です


DSCF58741.jpg


何年前か定かではないけど
畑が連なる場所では
麦畑って結構あったような気がします

今では麦畑そのものがなくなっているような・・

余談ですが
「麦の穂」をイメージしたモチーフは
北欧家具や雑貨類、カントリー調の木工製品などに
デザインの一部として素人の間でも人気が高いモチーフです

素朴でノスタルジックな麦の穂
豊穣や大地の恵み、母性の愛等心の豊かさを象徴する麦の穂
私も木工手芸で使う好きなモチーフのひとつです。。



モッコウバラ…  


モッコウバラが旬を迎えました~
薔薇なのに棘がない・・
棘のないバラ・・
あるんですよね~

黄色でもなく
ベビーイエローでもなく
レモンイエローがピッタリ


DSCF56941.jpg


眩しいほどの陽ざしの中で
レモンイエローが優しさを届けてくれるこの季節

もう、何でも許しちゃう~
我儘いってもいいよ~という気持ちになります(o^―^o)


DSCF56981.jpg


手前の葉っぱはマンサク(紅)です
今年は花の開花が少し遅れて
我が家のは未だ咲いていません(;´д`)


DSCF56911.jpg



風景写真であっても
お花の写真であっても
ポートレートであっても
ブロ友さんたちの写真には及ばないのですが

気がつかなかったことや、見ようとしなかったことに
目を向けるようになったのは
ブログを始めたからと言っても過言ではなく

四季折々に咲くお花を愛でる時
人は誰もが優しい表情になってるんだろうなと
自分自身をも愛おしく感じる事があります

私達に贈られた
お花からの癒しのメッセージなのかもしれません...ねっ!!





ハナミズキ…  


我が家のシンボルツリー
今年は少し小さめのお花だけど
どの子もみんな太陽に向かって
競いあってる。。


DSCF575611.jpg


もう少し・・
もう少しと握りしめた掌


DSCF57451.jpg


もういいかなぁ~と
緩めたその手に
やわらかい風が通りすぎてゆく


DSCF566711.jpg


昼は春の陽ざしに包まれ
夜は夜露に濡れてしっとり


DSCF57521.jpg


自然の恩恵を受けて花開きました。。


DSCF57581.jpg


カメラ目線に耐えられない子には
後ろ美人姿を・・


DSCF57571.jpg


至近距離に耐えられない子には
100㍍美人姿を・・



ハナミズキと言えば・・
ワシントンに贈ったソメイヨシノの返礼として贈られた話は有名ですよね

それからもうひとつ
2001年9.11アメリカ同時多発テロ事件の犠牲者に対する想いを
泣きながら1週間で作り上げたという一青窈さんの「ハナミズキ」

「ハナミズキ」誕生秘話には
いろんなエピソードが飛び交っているけど



「君と好きな人が100年続きますように」・・このフレーズが全てのような気がします
・・が。。
(あくまでも私感です)




INORI…  


DSCF56281.jpg



君は幸せだったのかな・・

君の笑顔にもう一度逢いたい
君の声にもう一度触れたい

今日、君は最後の階段を上ったんだよね

君の父も母も妹も
君の為に流した涙を
生きる糧にすると誓った

君が生まれてきたこと・・

大きな使命をもって生まれた
君の父も母も妹も
きっとわかってる

君が残したものは・・

大きな愛
君の父も母も妹も
君からもらった愛を忘れないだろう

姿は見えなくても
これからもずっと
君は父と母と妹の大切な
かけがえのない家族だよ。。

人は誰でも使命をもって生まれ
人生の長さではなく
短くても生きた証を誰かのココロに宿した




ブライベートな話で申し訳ないのですが
先月中旬に実姉の長男が短い人生にピリオドを打ちました。。
そして今日は35日の法要で昨夜遅くに移動して・・

可愛い甥を失くした悲しさは勿論ですが
憔悴しきった姉の姿を見て
なんにも言えない、自分の無力さに泣き崩れた私でした...

自分の人生と向き合う強さ
若い彼から教えられた想いです。。



眩しい笑顔・・  


桜が終り、葉桜と共に芽吹いてきた新緑がダム湖を取り囲み
更に湖面にまで木々を植え付けたように、萌黄色に染まり
移りゆく季節を身近に感じます。。


DSCF562211.jpg


ダム湖の周辺の木陰に咲いていたシャガ
人気のない所でひっそりと咲く習性らしい


DSCF56021121.jpg


一日で萎んでしまう短い命

知ってか知らずか

それでも・・


DSCF543311.jpg


目いっぱいの(o^―^o)ニコ

話しかければ応えてくれる

笑顔が眩しいね~

ナガミヒナゲシ…  


この季節に
空地や道端、木の株元で
健気に咲いて風に揺れる
ポピーによく似た可愛いオレンジの花
気になりませんか・・?


DSCF56431.jpg


華奢で単衣の花弁
花姿から受ける印象とは違って
とても強い繁殖力

なんと帰化植物で東京世田谷区で初めて認定されたとか・・
北海道から沖縄、日本全土に繁殖し
現在では雑草扱いされ
危険外来種として注目視され
駆除対象になっているそうです



DSCF56271.jpg


ケシはケシでも毒性はありません...
ポピーはポピーでも純粋なポピーではありません...
植物学上では「疑わしいポピー」だそうです...


DSCF56341.jpg


雑草扱いされているお花にも
花言葉があるんですね

風に揺れながらもバランスを保ち心の平静さを失わず
優しい花色になぐさめられ癒されているのも事実ですね
(オレンジ文字は花言葉です)


木の柱カフェ…  


昨日の芝桜公園内にあるカフェです。。

因みにご質問があった入園料ですが
昨年までは無料(開園して6年目との事です)
今年からは300円(含駐車料)
維持管理や運営費など大変でしょうね...


今日は店内を・・


DSCF5550.jpg

《一升瓶のシャンデリア》

カラフルな一升瓶をワイヤーで繋ぎ
中心にはガーデンライトを下向きに取り付けています


DSCF55391.jpg

同じようにカラフルな一升瓶を
100円ショップの洗濯用円形ピンチに差し込んでルームライトに


DSCF55381.jpg

階段の手すりに埋め込んだウイスキー(?)ボトル


DSCF55441.jpg

解体した家屋の欄間を利用して
一升瓶をサンドしています


DSCF55541.jpg


同じく欄間利用
ライトはプラスチックの植木鉢に透かし模様を入れて
下方はプラスチックのお皿にステンドガラスシートを張り付けています
植木鉢もお皿も100円ショップブランドとか・・


DSCF55511.jpg


2回にあるギャラリー
本来はシアタールームとして仕様設計
この時季は毎年恒例の絵手紙ギャラリーになるそうです


DSCF55361.jpg


まだこれから進化するとか・・

お世辞にもおしゃれとは言えないけれど(ごめんなさい)
木のぬくもりや手作りなど
アイディアがいっぱい
遊び心が詰め込まれたカフェは
ひとりでも退屈しない
興味を擽られる
面白楽しい空間でした。。

▲Page top