FC2ブログ

*四季の風便り*

風がつぶやいたひとりごと...

ハナザクロ…  


昨日のビヨウヤナギと共に
これから梅雨のシーズンになると
気持ちを救ってくれる花木がもうひとつ


DSCF64461.jpg



残念ながら果実はならなくて
観賞用のお花だけのハナザクロ


DSCF64441.jpg


我が家は果実のなる樹もあれば
観賞用だけの樹々など、草花より樹木が多くて
夏は葉っぱが木陰を作り
冬は落葉樹の葉っぱが落ちて
陽だまりを作ってくれます


DSCF32911.jpg


いつからか1本の木にオレンジの単色と
天絞りの花弁の混合のお花が咲くという
これまたふしぎな現象が起きているハナザクロです



いつも愚ブログに拍手やコメント、嬉しく思っています

最近は暑さと雑用で写欲も今ひとつ
身近なお花ばかりで代わり映えしなくてすみません

拍手やコメントなどお気遣いされませんように...



楊貴妃の眉…  


我が家の庭に鬱蒼と茂るビヨウヤナギ(未央柳)
それでも開花すれば見事な黄金花
身体全体にパワーが漲る太陽に近い色

このお花が咲くと庭が一気に華やかムードになります
樹木の枝ぶりが派手なこともあるのですが
とにかくお花が艶やかです!!



DSCF644012.jpg


梅雨の時期に紫陽花と並んで
次から次へと黄花が咲き
時には風と戯れ
時には梅雨の雨にうな垂れて・・



DSCF641312.jpg


自由奔放に蘂を伸ばし
1本のめしべを守ってる
華やかさの一方で強さを秘めて


DSCF64261.jpg


糸のように繊細で花びらより長いおしべ
軽く曲線を描いて群がって空に伸びる




中国ではこの美しい花姿を
楊貴妃の眉とも喩えられているそうです



それぞれのその後…  


春に彩を添えてくれたお花たちも
初夏を迎えて姿を変え始めました

お礼肥を施しながら
また来年もさいてくれるかなぁ~と
早くも来春に想いを馳せて・・


DSCF63272.jpg


今年も沢山のお花を咲かせてくれた木蓮
全てのお花が終わった後には
つくしの頭のようなこんなかわいい袋果が・・


DSCF63481.jpg


こちらはロウバイ・・
あの蝋のような儚い花びらから想像しがたい
立派な果実が・・
でも有毒なので食べられません...


DSCF63391.jpg


ムスカリ・・
白い袋が緑の袋になって
弾けて黒い種子が飛び出す
ムスカリは種じゃなくて球根だと思ってたけど元は種なんですねぇ...



これは何でしょう。。わかりますか・・?

image003.jpg


お花が終わった後のナガミヒナゲシ
さく果と言われる実でしっかり種子が詰まってる・・


DSCF63301.jpg



お花が終わった後にも
珍しい形や可愛いものがいっぱい!!


誰も教えないのに
自らの宿命を知って
時を越え繰り返される自然の摂理
人の英知では成し得ない不思議がいっぱい溢れてる



せめて綺麗に咲いている時同様に
終った後もしっかり見届けてあげたいね。。



愛の形…  


通りすがり
元気な声に導かれるようにフラフラっと・・


DSCF62252.jpg


ボールを追っかける
100本ノックに悲鳴が上がる
グラウンドに存在する音や、声を
眩しい新緑の木々が拾い集める

見守る愛の形はさまざま・・


DSCF62221.jpg



我先にと走り寄る子供たち
汗ばんだ身体に
命の水が注がれる

置き去りにされた立水栓も
形は違っても見守っていたんだろうなぁ・・





炎天下で練習に励む子供たち
それを見守る保護者
共に歩む一生懸命さがまぶしかった。。


壊れちゃったぁ~…  


DSCF63721.jpg


久しぶりのリレー音楽祭に向けて
三線の練習を始めた所
ちょっと音階が狂ってる~
チンダミ(調弦)しようと
男弦、中弦、順番に調子よく整って
最期の女弦のカラクイを回しかけた時、ポキッ!!
あっ!やってしまったぁ~


DSCF63681.jpg


県内の楽器店や弦楽器扱う修理店など
問合せをしても無理ですと言う絶望的な返事が返ってくるだけ
結局、購入店の沖縄まで修理依頼に出す羽目に・・
もう、購入して5年以上になるけどはじめて

ネガティブになった気持ちを引き摺らないために
オカリナ&ハーモニカで気分盛り上げを図る
一緒にお稽古している友だちを誘って
東屋のある近くの公園で練習


DSCF63731.jpg


オカリナは珍しくもないアルトCなんですが
ハーモニカは3.5㌢という世界最小のハーモニカ


DSCF63901.jpg


口の中にすっぽり収まってしまいそうなハーモニカなんですが
4穴でしっかり旋律を奏でます
DSCF63931.gif


今日も暑くて夏日の中に春の新緑がまぶしい
春と夏が同居しているような1日でした

自然の中で気の許せる友との時間
音楽に触れながら
愚痴を言い合って最後は笑ってまたね~





ひと夜の夢…  


DSCF73751.jpg


大胆に
華麗に
妖艶に

一夜限りの舞踏会..







今日は当地32.4℃
職場では青空駐車場の為
帰宅時の車内は蒸し風呂状態・・

冬の寒さも苦手だけど
夏の暑さはもっと苦手です

急激な暑さに注意して
週末はお身体労わってくださいね。。




楓の翼…  


DSCF63581.jpg


新緑が重なり合ったり、かくれんぼしたり
朝陽を透過してすまし顔になったり
この時季の楓は表情豊かです


DSCF63551.jpg



少し赤みを帯びて頬染めた翼が
クルクルと空(クウ)を舞う姿を想像すると・・


DSCF63561.jpg


これぞ天然タケコプターです(๑’ᴗ’๑)。。




その楓の木の下を占領している薔薇の枝に
羽を広げて止まる習性のミスズチョウ


DSCF63361.jpg


羽の色は表が黒に白の帯が3本
裏は茶色をベースに白い帯が3本
生意気にもリバーシブルなんですよね(笑)

どんなに近づいても飛び立つ様子もなく・・
私の根気負け
時間切れで諦めて出勤

改めて写真をみて見ると
コロボックルに羽をつけた
精霊に見えたりして・・

目に見えないもの…  


優雅さや豪華さには欠けるけど
誰もが知ってるタンポポ


20160406_0855251.jpg


タンポポの綿毛にも花言葉があるんですよね
風にのって遠くへ旅することから 「別離」

この花言葉にはとても寂しいお話があります。
【ちょっと長くなるので、適当にスル-してくださいね】

南風が美しい黄色い髪をした少女にひと目ぼれ
毎日夢中になり見つめ続けるうちに
少女の髪は白髪になり老婆になってしまいます。

南風は悲しみのあまり大きなため息をつくと
綿毛(白髪の老婆)になったタンポポは一瞬にして飛んで消えてしまった・・
というタンポポにまつわる少し切ないお伽噺ですが
これが綿毛の花言葉となった由来だそうです。


DSC_06591.jpg


でもネガティブな花言葉ばかりではありません

春に新たな花を咲かせるように
大きな愛が育まれ、幸せや愛に満ち溢れるという意味から
『真実の愛』 『愛の信託』





DSCF54651.jpg


春のくるまでかくれてる
つよいその根はめにみえぬ
見えぬけれどもあるんだよ
見えぬものでもあるんだよ

冬の間、何も見えないけれど土の中に根を下ろして
春になると、ビタミンカラーを届けてくれるタンポポ

この世は見えないものだらけ・・・

一番見えないのは
見えたようですぐ見えなくなってしまう
人のココロ。。。

麦秋の香…  


車窓から見える黄金に熟した麦の穂


DSCF62941.jpg


初夏の風に揺れるしあわせ色


DSCF62951.jpg


穂先が風に擦れ合う
麦の香りがどこか懐かしく
幼かった頃を引き寄せる

そろそろ刈り入れ時かな。。





私設バラ園(Ⅰ)…  


DSCF62652.jpg


高速を使って片道1時間30分
それでも欠かさず1年に1度(今年で4回目)
毎年この時季になると必ず訪問したくなるお宅がある


DSCF77261.jpg


洋館建ての素敵なお家
素敵なのはお家だけではなくて
お家を包み込んでいるバラ・・


DSCF77281.jpg


咲き誇る見事なバラに言葉が見つからない・・
写真では平面的になってしまってお伝えできないのが残念!!
公園やバラ園などとはまた違うバラの存在感、圧巻です...


DSCF77241.jpg


伺った日は先客がいて
初めましての出会いとは思えないほど・・
(初対面の方が苦手な私なんですが)
きっとバラの花がこのご縁を取り持ってくれたのかもしれません
お友達のような感覚でおしゃべりできて楽しい出会いでした。。


DSCF62812.jpg


因みに
ご主人様ひとりで一年をかけて
唯一バラだけを育てていらっしゃいます
奥様はノータッチ!!


DSCF77191.jpg


今年から本格的に私設バラ園のプレートを掲げて
始動開始されたとの事
益々バラづくりに拍車がかかることでしょう。。


▲Page top