FC2ブログ

*四季の風便り*

風がつぶやいたひとりごと...

空に描く皇帝ダリア…  


夏のひまわりも秋の皇帝ダリアも
その凛とした花姿は
青空を背景にとても写真映えするお花ですよね



DSCF559511.jpg


晩秋から初冬に開花する皇帝ダリアは
名前にふさわしく優雅に華麗
青空に向かってまっすぐ伸びる

見上げるとつい背伸びをして背比べをしてしまう・・
身体を反って深呼吸してしまう..・・


DSCN1395.jpg
                                                           (10月26日撮影)


蕾から約2週間後
気温が下がり始めると
競い合うように咲き始める


DSCN21181.jpg
                                                           (11月14日撮影)



風の強い日も
暗く重い雲が広がる日も
皇帝ダリアは変わらぬ姿で揺れながら
小さな植物たちをかばうように
立ちはだかっている。。


別名 : ツリーダリア・木立(こだち)ダリア 
花言葉 : 乙女の純潔・乙女の真心

因みに今日11月14日のお誕生日のかた!!
あなたの誕生花ですよ。。


秋桜の回想…  


心地良い陽ざしが差し込んできたかと思うと一転
霰のような大粒の雨が激しい音を伴って窓を打つ

一転二転した今日の空模様
女心と秋の空と言うけれど
時には男心とも(o^―^o)



DSCN19451.jpg


秋桜も終盤を迎え
最後の撮影と思って色々遊んでみた
邪道だと批判を浴びそうですが・・


DSCN20601.jpg


あなたの笑顔が最高の歓びでした


DSCN20251.jpg


終わりを告げるように11月の風に揺れる秋桜


DSCN1925.jpg


揺れる想いはあなたへの秘めた想い
気づいてくれましたか。。


DSCN20182.jpg


たとえ気づいてくれなくても
あなたがそこにいてくれるだけで幸せでした。。

やがてあなたは種をおとして
どこかへ旅立つ
「またね」という言葉を残して…

一年後、同じ場所で逢えると嬉しいね。。



海の顔…  


海にもいろんな顔が集う


DSCN18441.jpg


DSCN18951.jpg


DSCN18901.jpg




DSCN18651.jpg


力関係はわからないけど
海カモメの集団を見ているアオサギくんの胸中は・・?


DSCN18871.jpg


何が釣れてるんだろう...
釣りを楽しむ人たちも一人去ってまた一人
絶えることのない岸壁



DSCN19201.jpg


ヨットクラブの学生さんたち
最近の女子も逞しくなったね...


DSCN18861.jpg


近づく漁船にも反応なし
自分たちの領域になってるんでしょうね


暑くもなく、寒くもない秋日和
紅葉狩りにはまだ早くて・・
人が来ないところを求めて
海などへ行ってみた

初めてみる海カモメの集団・・
ちょっと不気味さも無きにしも非ず

柵のない海はいいね。。


平行線…  


2600系うずしおが走る・・

川原のススキが陽の光を受けて

眩しいほどに輝きを放つ



DSCN16881.jpg


白銀に光るススキをカメラに収めようと
川原に降りたところに
新型特急電車が入ってきた


DSCN16871.jpg


ここは私の生活区域から10㌔離れた場所
電車が来ることなど予測外の出来事

技術があれば流し撮りなど
絵になったんだろうけど...
.

DSCN169511.jpg


カメラの技術を磨きたい・・
と思いつつ
する事と考えることは
いつも平行線

交わる事で進路変更できるとわかっているのに・・

でも焦らない
なんとかなる、収まるべきところに収まる
『なんくるないさ』が人生のモットーであるように。。


身近な野鳥…  


友人の個展を見に行った帰り
カワセミがいるという噂の場所へ

いました...
一羽のカワセミと数人の先客が・・

カワセミには縄張りがあると聞いていたのですが
どうやらこの場所はこの子の縄張りのようです


DSCN171512.jpg


一向に動いてくれないカワセミにジレンマを感じながら
やっと古木の枝先へと出てきてくたのはいいのですが
水浴びをするだろうと予測して待っていた方たちも期待を裏切られ
タイムリミットぎりぎりに収めることができた1枚




DSCN15411.jpg


朝、何気なく見上げた電線の主柱にとまっていたチョウゲンボウ(♀)
小さな顔に真っ黒い真ん丸な目の可愛いさと
肉食系特有の嘴と爪の鋭さにギャップを感じます




DSCN17771.jpg


ジョウビタキ(♂)
スズメが沢山いたので仲間だと思ったのかな・・
やって来たのはいいけど
スズメはみんな飛んでって
ひとり取り残されたジョウビタキ




DSCN17711.jpg


ジョウビタキ(♀)
カワセミと同じ場所にいました
私達に何かを話しかけてくれていたのかしら・・




DSCN17911.jpg


ハクセキレイ
人懐っこくて近くまで寄っても逃げない
田畑でよく見かけるけど
この日は駐車場で遊んでました



余り遠出できないので
珍しい野鳥との出会いは望めないけど
近場でも意識していれば
いろんな野鳥と出会える

ただ名前が今いちわからなくて
間違っているかもしれません

野鳥の知識もなく
ドギマギしながらだけど
いつか水浴びや飛翔シーンが撮れたら嬉しいかな。。


序奏…  


当地の紅葉は始まったばかり

ドキドキする紅はまだだけれど

移り変わる瞬間

今を生きている歓喜に包まれ

繋がれてゆく命の尊さを知る



DSCN16361.jpg


DSCN16421.jpg


DSCN16351.jpg










~ 【 明日への序奏 】 より一部抜粋 ~


羽ばたくための序奏と

いつまでも笑っていよう

その後に残る足跡はいつも美しい

始めるための序奏は

何よりも自由であれ

今この瞬間が輝きはじめる


未来はいつだって始まったばかり




3度のお色直し…  


讃岐まんのう公園に4000本のコキアが植えられています
茨城県の国営ひたち海浜公園(30000本余という話です)とは比較になりませんが
紅葉のピーク時には真っ赤に染まったコキアは
青空に映えて圧巻だっただろうと想像できます

残念なことに、私はその時期を逃してしまい
幻想的な景色に出会うことができませんでした
2週間早ければ、素晴らしいコキアがお見せできたのですが・・・


DSCN1630.jpg


DSCN1613.jpg


DSCN1601.jpg


DSCN1617.jpg


DSCN1602.jpg


DSCF0864.jpg


DSCF0866.jpg



こんもりとまとまった丸いフォルムが可愛く
季節の移ろいと共に
ライトグリーンに始まり
真っ赤に紅葉して
やがて黄金色へと変わってゆく

気温が下がれば更に赤色が無くなって
黄金一色へと変わってゆく
3度も彩を変えてゆくという珍しい植物ですね



因みにまだ未開拓ですが
コキアには実ができるのですがその実は「とんぶり」と言われるそうです
参考までに
「とんぶり」とは・・・畑のキャビアとも呼ばれ生で食べられ
また、乾燥させることで漢方薬としても知られてるそうです
秋田県ではスーパーなどで販売していて
お醤油やマヨネーズで手軽に食べられるそうですよ。。




▲Page top