FC2ブログ

『中原淳一原画展』…

Byyumi


20140619_065435.jpg


このギャラリーは
安藤忠雄氏が設計されたもので
特別展以外は同市が所蔵する作品の常設展示場となっています


コンクリートという
一見、無機質素材の壁面に彩りよく展示された作品
当時はモダンと囁かれただろう…
「美しい女性(ひと)シリーズ」

残念ながら館内の撮影は禁止
作品の代わりに
彼が壁面に残していた言葉を転載します


もしこの世の中に、風にゆれる『』がなかったら、
人の心はもっともっと、荒んでいたかもしれない。

もしこの世の中に『』がなかったら、
人々の人生観まで変わっていたかもしれない。

もしこの世の中に『信じる』ことがなかったら、
一日として安心してはいられない。

もしこの世の中に『思いやり』がなかったら、
淋しくて、とても生きてはいられない。

もしこの世の中に『小鳥』が歌わなかったら、
人は微笑むことを知らなかったかもしれない。

もしこの世の中に『音楽』がなかったら、
このけわしい現実から逃れられる時間がなかっただろう。

もしこの世の中に『』がなかったら、

もしこの世の中に『愛する心』がなかったら、
人間はだれもが孤独です。


参考までに中原淳一氏の作品をネットから引用しました。。

thWR3G8WP6.jpg

thHHAOS9ZC.jpg

thO8BBJJEB.jpg

         
大正時代から昭和中期まで
斬新さとロマンを秘めて
当時は同世代の方々から人気を博していたようです。。

時代を背景にクリエイトの世界も、変化していったと思うけれど
人としての根底は、どんな時代になろうとも変わっていない・・・
そんな気がした。。







スポンサーサイト
Share

Comments 14

There are no comments yet.

トマトの夢3  

こんばんは♪

コンクリート壁面に描かれた画は奥深く感じます
一度は観てみたいギャラリーです
中原淳一の言葉はさらりと
表現されているところが好感を持てます

2018/07/11 (Wed) 22:00 | EDIT | REPLY |   

yumi  

トマトさん

こんばんは^^

館内に所狭しと展示された原画を見た時は
時代錯誤を感じながらも
個性的な作品に、時間を忘れて見入っていました。。

壁画の言葉には、難しい言葉は使われていなくて
奥行きのある想いが素直に心に届くようでした。。

コメントありがとうございました.。o○

2018/07/11 (Wed) 22:37 | EDIT | REPLY |   

♪デコ♪  

そうだねぇ
何年経とうと時代が変わろうと

人の根底にあるものは感情や周りの自然

そしてその感情は人との出会い
育った環境でガラリと変わってしまう

しかし人との出会いはいつどこで誰に出会えるか分らない
自分には必要な人だと感じたならば

心を許し繋がって
時に気づき気づかされるいい関係でいたいものです^^

うんうんそうだなぁと思いながら読ませて頂きました^^

2018/07/12 (Thu) 03:25 | EDIT | REPLY |   

yumi  

🎵デコ🎵さん

おはようございます^^

そうですね~
どんな苦境に立たされても
どんな哀しみに襲われても
それはその人にとって必要な試練だと
乗り越えられると信じて与えられたもの…
人との出会いも同じ…

人が生きてゆくうえで
自然の癒しも恐怖も含めて大きなものを身近に感じつつ
人のココロにぬくもりを感じられる

自然や人との出会いは自分を成長させてくれる
そう思えるからこそ、すべての出会いを
その時どきを大切にしたいなって思いますね。。

コメントありがとうございました.。o○


2018/07/12 (Thu) 06:58 | EDIT | REPLY |   

イヴまま  

こんにちは yumiさん。
クラシカルモダンとでも表現したら良いのでしょうか。
じっくり見てみたくなる作品ですね。
そしてお書きくださった言葉に
うんうんと頷きながら見入ってしまいました。
今日も頑張る力をいただきました。
ありがとうございますー(*´▽`*)

2018/07/12 (Thu) 11:14 | EDIT | REPLY |   

yumi  

イヴままさん

こんにちは^^

うわ~素敵な表現…(*'▽')
「クラシカルモダン」…ぴったりの言葉ですね
時空を超えて刺激された感覚でしたね
現代的とは言えないけれど
どこか惹かれる魅力的な作品でした

言葉の力って大きいですよね
明日への原動力になるのは
やはり言葉かもしれませんね。。

コメントありがとうございました.。o○

2018/07/12 (Thu) 12:01 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/07/12 (Thu) 14:33 | EDIT | REPLY |   

写・真ちゃん  

こんにちは!

安藤忠雄氏は知っていましたが、
こうしたギャラリーの存在は知りませんでした。

館内の撮影禁止は残念でしたね。

それにしても「なるほど」と思わせる表現ばかりです。
さしずめ、
もしこの世の中に、『カメラ』がなかったら・・・

この後どう続くのでしょう・・・

2018/07/12 (Thu) 14:51 | EDIT | REPLY |   

yumi  

14:33鍵さま

ほんとに外は暑そうです~

お仕事の合間にMyデスクのPCから伺っています
オフィスで四六時中エアコンの中にいるのですが
5時の就業と同時に地獄行きが始まります(笑)
家に帰ると再びエアコンで体調が崩れそうです。。

そうですね
自分で言の葉を並べるには難しいけれど
こうして拝読するには
一言ひと言に重みを感じ頷けますよね

コメントありがとうございます.。o○

2018/07/12 (Thu) 16:00 | EDIT | REPLY |   

yumi  

写・真ちゃん

こんにちは^^

安藤忠雄氏は個性的且つ機能的デザインで
多数の建築物を手掛けていて知名度がありますよね。。
コンクリートとか石積みの壁面とか・・
私の知ってるのはそういうのが多いのですけど

「カメラ」がなかったら…ちょっと悩んじゃいますね~
あなたならどう答えますか・・? ぜひ聞きたい・・ (´∀`*)

もしこの世にカメラがなかったら・・
自然と向き合うこともなく、
小さな世界で
退屈な時間を過ごしていたかもしれないですね。。
また今夜、ゆっくり考えてみます(;’∀’)

コメントありがとうございました.。o○

2018/07/12 (Thu) 16:06 | EDIT | REPLY |   

写・真ちゃん  

こんばんは!
またまた失礼します。

私の写真のテーマは『自然』...

自然に畏敬の念を持って写真に収めています。
(少し大袈裟かな)
そして心を込めて。。。。。

ですから、もしカメラがなかったら

「自然に対する畏敬の念と言う気持ちに
気付かないまま一生を過ごしたでしょう。」

かな。
失礼いたしました。

2018/07/12 (Thu) 22:37 | EDIT | REPLY |   

yumi  

写・真ちゃんさん

こんばんは^^

う~ん・・
写・真ちゃんさんの想いが言葉にそのまま表れているように思います
カメラに対する想いが半端じゃないですね…
そしてその想いが作品を通して感じられます

ちっとも大袈裟なんかじゃないですよ!!
感動しています。。

大自然が織りなす四季の変化を感じながら
自然を敬い尊び、自然と向き合う事・・

たしかに、カメラがなかったら
自然と共存していること自体にも気が付かなかったかもしれない
自然からもらっている恩恵にも気が付かなかったかもしれない・・ですね。。
いい言葉を聞かせていただきました

「心を込める」・・・っていいですね

心を込めて…
お便りありがとうございました.。o○


2018/07/12 (Thu) 23:39 | EDIT | REPLY |   

m & M  

素敵な言葉。
すっごく心に沁みちゃった^^

2018/07/13 (Fri) 17:23 | EDIT | REPLY |   

yumi  

m & M さん

こんばんは^^

そうでしょ!?
どの言の葉を拾い上げても
頷けることばかりですよね

もし・・・がなければ・・
もし・・・がいなければ・・
って考えてみると
ちょっと怖くなることもありますね。。

この言葉が心に沁みたというm & M さんは
素直な方なんでしょうね。。

コメントありがとうございました.。o○


2018/07/13 (Fri) 18:46 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply