FC2ブログ

*四季の風便り*

風がつぶやいたひとりごと...

鵜の告白… 


終日降った雨の翌日
重なり合う峰に霧がかかり
無彩色で
幻想的な光景が広がっていました

DSCN51301.jpg



時間の経過とともに
行く先を遮っていた霧も流れ
脈打つ自然の鼓動が聞こえ
キャンバスに絵筆をはしらせたように彩りが蘇る


DSCN52421.jpg

DSCN51621.jpg


向かうは・・・


DSCN51631.jpg


塩江温泉郷

DSCN51841.jpg



温泉郷の狭間を帯のように流れる川には・・



シラサギ                             カワウ
DSCN5217.jpg   DSCN52321.jpg



                               (こっちにおいでよ・・♥)
DSCN51861.jpg


                              (ぼくとつきあわない?・・♥)
DSCN51901.jpg


(そんなこと・・急に言われても・・)

DSCN51951.jpg


(わたしでいいいのかしら・・♥)              
DSCN51911.jpg

(よろしくおねがいします・・♥)       (お願いします・・♥♥)  
DSCN52221.jpg

                                   (やったぁ~・・♥♥♥)
DSCN52361.jpg
                       

など会話があったかどうかはわかりませんが・・


そんな様子を見ていたアオサギさん
割って入ることはできません



DSCN52281.jpg



凄味を利かせた眼力
恋敵の眼? or 保護者の眼?

DSCN52211.jpg



毛色が違っても理解し合えることって素晴らしいことですね
あるところではコロナによる差別化が世論を刺激しました
自然界を生きる者たちの掟を越えた親和
感動したのは紅葉だけでなく、ほっこりしたひと時でした


バカバカしい長い記事にお付合いいただき、ありがとうございました
ほんの一瞬でも頬が緩んだなら嬉しいです。。









thread: 野鳥の写真 | janre: 写真 |  trackback: -- | comment: -- | edit

野鳥の動き・・・ 


霜月初めての投稿です
今月も早5日が過ぎようとしています。
猛暑続きの暑さから秋の心地良い陽ざしは束の間
寒さの訪れは昨年より少し早いような気がします




数日前に撮影したモズくんとヒヨドリくんです
(今いち鮮明さに欠けるのですが、トリミングはしていません)


ナンバーをつけているのは・・・
つまり①→②→③→④だろうと何にも疑わなかったのですが
④→③→②→①ではないだろうかと
ここにUpして初めて気がついたのです

連写であればすぐわかることなのですが・・
順序が変われば私の中の物語も変わります

でもよく観察してみると
野鳥の動きって同じ動作を繰り返すことも多いようです

順序通りとはいかないものかもしれません...




DSCN4926.jpg


DSCN4932.jpg


DSCN4927.jpg


DSCN49341.jpg


遠くから見ていたヒヨドリくん
何かを企んでいる・・?


DSCN4847.jpg




庭先の赤い実を狙ってやってくるヒヨドリくんを追い払うために
フクロウ叔父さん、手作り巣箱で夜の番人です


DSCF58921.jpg

thread: 野鳥の写真 | janre: 写真 |  trackback: -- | comment: -- | edit

秋を感じた朝… 


エアコンoffで迎えた朝
何日振りだろう。。。

夏と秋が混在する中で
初秋を感じさせる柔らかな風
今朝のような風に包まれる日が多くなると思うと
残りわずかな夏を楽しめそうな気がします


勿論、窓は全開
だからこそ電線で身体を休める野鳥の声を聴くこともできました
ハクセキレイ(?)
地上を歩く姿は良く見るけど電線に止まってるのははじめてかも・・

歌ってるのかな??

DSCN4275.jpg


誰かを呼んでるのかな??

DSCN4277.jpg


何にも反応がない事に全身を毛羽立たせ怒り心頭??
鳥言葉が話せればお相手してあげられるんだけどね~

DSCN4298.jpg


〆がこれでは折角の美形が台無し
最後は気取って黄昏顔などいかがでしょうか。。

DSCN4268.jpg




今日は退院後1か月検診でした
「良好、異常は見当たりません」との診断結果を伺ってホットひと安心

1ヶ月間、不安が押し寄せる日もありましたが
この先生のひと言に心が救われる思いがしました
次は3ヶ月検診までこの状態を維持できれば解放されます

健康であることが何よりも贅沢であり、幸せな事だと痛感しています

秋とは言え残暑厳しい日々
皆様もご自愛くださいね。


thread: 野鳥の写真 | janre: 写真 |  trackback: -- | comment: -- | edit

身近な野鳥… 


友人の個展を見に行った帰り
カワセミがいるという噂の場所へ

いました...
一羽のカワセミと数人の先客が・・

カワセミには縄張りがあると聞いていたのですが
どうやらこの場所はこの子の縄張りのようです


DSCN171512.jpg


一向に動いてくれないカワセミにジレンマを感じながら
やっと古木の枝先へと出てきてくたのはいいのですが
水浴びをするだろうと予測して待っていた方たちも期待を裏切られ
タイムリミットぎりぎりに収めることができた1枚




DSCN15411.jpg


朝、何気なく見上げた電線の主柱にとまっていたチョウゲンボウ(♀)
小さな顔に真っ黒い真ん丸な目の可愛いさと
肉食系特有の嘴と爪の鋭さにギャップを感じます




DSCN17771.jpg


ジョウビタキ(♂)
スズメが沢山いたので仲間だと思ったのかな・・
やって来たのはいいけど
スズメはみんな飛んでって
ひとり取り残されたジョウビタキ




DSCN17711.jpg


ジョウビタキ(♀)
カワセミと同じ場所にいました
私達に何かを話しかけてくれていたのかしら・・




DSCN17911.jpg


ハクセキレイ
人懐っこくて近くまで寄っても逃げない
田畑でよく見かけるけど
この日は駐車場で遊んでました



余り遠出できないので
珍しい野鳥との出会いは望めないけど
近場でも意識していれば
いろんな野鳥と出会える

ただ名前が今いちわからなくて
間違っているかもしれません

野鳥の知識もなく
ドギマギしながらだけど
いつか水浴びや飛翔シーンが撮れたら嬉しいかな。。


thread: 野鳥の写真 | janre: 写真 |  trackback: -- | comment: -- | edit

モズの休憩?… 


過眼線が黒いので雄のモズくんですね

寒くなると暖地を求めて移動するとか・・・
北から南下してきたのだろうか
それともここからまだ南下する途中なのだろうか...
1羽だけ・・はぐれちゃったのかも。。


DSCN1408.jpg

DSCN1417.jpg

DSCN1422.jpg

DSCN1426.jpg

DSCN1429.jpg



「キチキチ」と囀るようなのですが
私には「チチチ」と聴こえ
長めの尾を忙しなく回すように振って
群れを探してるかのようにキョロキョロと落ちつかない様子
もっとも
群れで行動する鳥なのかどうかわからないけど

同じような写真ですみません
でもどんな表情も可愛くてつい・・(o^―^o)

因みにトリミングはしていません(^^ゞ


thread: 野鳥の写真 | janre: 写真 |  trackback: -- | comment: -- | edit