FC2ブログ

*四季の風便り*

風がつぶやいたひとりごと...

春に咲く地上の星…  


DSCF4540.jpg


DSCF3639.jpg


DSCF3636.jpg


主の掟に逆らって
あちらこちらで仲間を作っては笑顔で君臨する
昼間だけの地上の星
その名は『花にら』

通常は「ハナニラ」と書くのだろうけど
ここはちょっと拘って・・
(お気に留めないでくださいね)


外出自粛令が出されているわけではないのですが
お休みになると、気力が半減して
行動範囲が狭くなってしまいます
次々と開花してゆくお花の記録が続くと思うので
適当にスルーしてくださいね
 (o*_ _)o)) ペコッ!



雪中花の舞…  


スイセン(日本水仙)

別  名 : 『雪中花』
花言葉 : 『自己愛』

ギリシャ神話にまつわるお話で有名なスイセン・・
というより「ナルシスト」が先行しているのかもしれませんね




DSCF5944.jpg


冷たい風を纏った日差しが

陽炎のように降りてくる

透きとおるような風が通り過ぎる

浅春の風に揺れる雪中花

陽だまりに白い妖精が舞う・・



DSCF367412.jpg



清々しい花色に凛とした姿
それに加えて爽やかな香り

シンプルなゆえに
謙虚さ、奥ゆかしさが際立って
その魅力に胸が高鳴る。。


仄かな香り漂う…  


【春告草】とも呼ばれる梅


DSCF298111.jpg


1年前から花をつける為の準備をはじめ
夏には蕾を膨らませ
秋には固く閉ざして休眠状態になる
やがて冬の寒さで眠りから覚め
翌年の春に暖かさが増すと開花が始まる


DSCF32601.jpg


梅は桜より開花するための気温が低く
蕾の眠りが浅いと言われます

繰り返される自然界には
人智を越えたものがありますよね

時には脅威を感じながらも
自然の営みは面白い!!



今冬は全国的に暖冬で
春のような日差しが降り注ぎ
大寒の日の平均気温は3月中旬並みだったとか・・

気象庁の平均値は10年ごとに切り替えられ
次回は2021年1月  
世の中の物差しは刻々と変化していってるんですね。。


ピンクのダイヤモンド…  


一見彼岸花に似ていて
別名「ネリネ」とも呼ばれるダイヤモンドリリー
今、我が家で紅葉した楓や山茶花の木の下で
ショッキングピンクが彩を添えています



DSCF1109.jpg



陽射しを受けると
花弁に金粉が散りばめられたように



11jpg.jpg



それはダイヤモンドが光っているように
キラキラ輝いています



DSCN2856.jpg



咲き方は百合のようで繊細
ウエーブ状の花弁がやさしく
晩秋のやわらかな陽だまりで
今年も煌びやかな光を放っています

寒さに向かっていくこの時期
こういう暖色系のお花はちょっと幸せ感じます



山茶花…  


お出かけする前には蕾だった山茶花
僅か数日の間に見ごろを迎えていた


DSCF10821.jpg


白とピンク、ミックスの木がそれぞれ1本ずつ
同じ山茶花でも咲く時期は少しずつズレているよう
ピンクは見ごろ・・を過ぎているものもあり
白はやや半ば
ミックスは帰宅後に2輪だけ開花



DSCF10891.jpg


「山茶花梅雨」ってご存知ですか
山茶花の花が咲く頃に降る長雨の事


DSCF13901.jpg


春に「菜種梅雨」と言われることはご存知の方も多いと思います...
季節のお花をなぞっているのですが
とても風情ある言葉ですよね
先人が感性豊かで情緒ある暮らしをしていたのかが伺えます


DSCF11041.jpg


山茶花は椿とお花も葉っぱもよく似ています。
椿はお花が塊となってそのまま落ちるので縁起上敬遠されますが
山茶花は可愛いハート型の花弁が一枚ずつ空を舞います
お掃除は大変ですが
晩秋の風物詩のようにも思えます。。

▲Page top