FC2ブログ

*四季の風便り*

風がつぶやいたひとりごと...

ユキノシタとハルジオン… 


庭の隙間を縫うように埋めるユキノシタ
花弁は見方によっては《大》の文字をしていて
大文字草にも似ています


DSCF3125.jpg


控えめで白くて小さな花弁は
リズミカルに風に舞い
今を楽しんでいるかのよう・・
大きめの葉っぱとのアンバランスが
ちょっと新鮮にみえました



DSCF49411.jpg




こちらは道端でよく見かけるハルジオン(春紫苑)
咲き始めの頃はピンク色がかっているんですね
野草とは思えない華奢で優しさを纏っている


DSCF47051.jpg


群生すると人目を引く
蕾のころは恥ずかしそうに俯いているのが特徴


DSCF47061.jpg


蝶なのか蛾なのか
調べた範囲でわかったことは蝶だという事
「 ヒカゲチョウ 」の一種かなと思う


DSCF46981.jpg


いつまでもこの子(ハルジオン)に執着していたこの子(ヒカゲチョウ)
どこかへ消えてと言わんばかりの大きな斑点模様が眼に変わって攻撃してくる
蝶が飛び立つ前に退散しました

thread: 花・植物 | janre: 写真 |  trackback: -- | comment: -- | edit

地上に咲く花火… 


1~1.5㍍ほどの低木で梅雨シーズンから初夏にかけて
桜やバラを追いかけるように
キラキラした雄蕊を抱えて鮮やかな黄色の花を咲かせる
その名もビヨウヤナギ(未央柳・美容柳)



DSCF50371.jpg


DSCF501111.jpg


DSCF50561.jpg


DSCF50481.jpg


蕊のカールが華やかで優雅な花姿は
暗闇の地上に咲く花火のようです


DSCF502711.jpg


樹勢が強く冬には枯れているのかなと思っても
春先には柔らかくて
萌黄色の若葉がフサフサと茂って   
こんもりとした森を作ってくれます



これから咲く紫陽花や菖蒲などが
ちょっとささくれ立っていた日々を埋めて
彩りを添えてくれる季節
愛でる幸せを堪能したいですね。。


thread: 花・植物 | janre: 写真 |  trackback: -- | comment: -- | edit

五月風に揺れる茎細花… 


子供心に初めて好きになったお花がカスミソウでした

アレジメントで空間を埋めて
いつも主役を引き立てる
なくてはならない脇役
でも、私にとってはいつも主役のお花です


DSCF29821.jpg


ドライフラワーにして永久保存・・
時間が経過して変色すると
白は落ち着いたオフホワイトに
それもまた自然に溶け込んでいい感じになります


DSCF4811.jpg


ピンクは可愛いけど
自己主張が強そう・・
パートナー次第で輝くかも...



*トリトニア*

DSCF43111.jpg


フリージアによく似ていて
自由奔放に伸びる雄蕊は方向が定まらない
フリージアより花びらは薄くて繊細



*イキシア*

DSCF43131.jpg


微風にも揺れる細くてかたい茎の先に
沢山の花を咲かせる


いつのまに我が家の子になっていたのか・・
わからないお花もあって
調べてみると植物といえども
ほんとに奥が深い...


パンを焼いたことも
部屋の模様替えをしたことも
外出自粛期間の気まぐれ

2か月余り私のカメラには
庭花と読破した書物しか収まっていません
記録として残すにはいいのですが
そろそろ焦点を移動させたい
刺激がほしいところです(苦笑)


thread: 花・植物 | janre: 写真 |  trackback: -- | comment: -- | edit

時期を逃したクレマチス… 


今月初めに撮影していたクレマチス
いろんなお花が咲き出して
すっかり忘れていた・・



DSCF46171.jpg


DSCF46091.jpg


DSCF46081.jpg




私の勤務体制は何ら変わらないものだったけど
GWや休日に外出できなかった時間は
読書に没頭したり、断捨離に費やしたり
旅行も取りやめて、庭花撮影で終わった春

日々成長する植物と対峙することで
新しい発見もあり
それなりに充実したうち籠りだったかも・・

一瞬「スローライフ」という言葉が浮かび
これからもこういう時間は必要かもしれないと痛感した私でした。。


thread: 花・植物 | janre: 写真 |  trackback: -- | comment: -- | edit

多肉の花… 


四月の雨が五月の花を咲かせる言われるように
自然の恵みを受けて
庭の花木の成長が早まったように感じられる
今朝は鮮やかな朱を発している花柘榴に目が留まる

そんな中
多肉の花が彩を増して咲き始めた
余りかわり映えはしないけど
向き合うとそれぞれに可愛い



DSCF30031.jpg


DSCF48051.jpg


DSCF3004.jpg


image003.png


DSCF3039.jpg


DSCF390511.jpg


DSCF7377.jpg



自粛ムードが一新された地域もあって
今日明日は撮影にお出かけされる方も多いことでしょうね

多少気持ちも緩みそうですが
少しずつ元の生活に戻していきたいですね。。





thread: 花・植物 | janre: 写真 |  trackback: -- | comment: -- | edit

半日陰に咲く空木… 


別名 : 『 卯の花 』 とも呼ばれるウツギ
種類も沢山あってわからないけど
我が家にあるのはこの2種類だけ
両方とも半日陰でよく育っている


*チョウセンウツギ*
バイカウツギだと思って迎えたのが、チョウセンウツギでした...
朝陽が数時間だけ当たる東側に


DSCF49571.jpg


よく似てるけど花弁の枚数が違いました...


DSCF496211.jpg

でもこれはこれでとても気に入っています。。


*マルバウツギ*
北の裏庭に


11.jpg


1㌢ほどの小さなお花が枝いっぱいに咲いて
木洩れ日が創った影が5月の風に踊ります


DSCF47741.jpg


日当たりはあまり良くないけど
車などの喧騒から逃れられるお気に入りの場所です


DSCF49091.jpg


ちょっと古めかしくも風情ある庭の片隅で
秘密の時間を過ごすにはピッタリなんです。。


thread: 花・植物 | janre: 写真 |  trackback: -- | comment: -- | edit

華麗なる一族… 


惜しげもなく
一輪、また一輪と
丸くってコロンとした蕾が日々開花
見応えのある大輪の花

「世界三大美女」のひとりとされている小野小町が愛したという花
【 芍薬(シャクヤク)】


DSCF48541.jpg


DSCF49221.jpg


かわいくて愛らしい蕾から
想像を超えるほどの
バラにも見劣りしない豪華絢爛な花が咲く


DSCF48481.jpg


あの小さな蕾のなかに
幾重にも重なる花びらを閉じ込めていたなんて
自然は魔術師・・そう思いませんか。。


DSCF492512.jpg



宿根草なのでお花が終ると
「ありがとう」とお礼肥をするだけ!!

なのに毎年花数が増えて豊かになってく
花後の作業は来年咲いてもらうための
欠かせない作業

5年以上になるので一度は堀りあげ
株分けする時期かもしれません。。


thread: 花・植物 | janre: 写真 |  trackback: -- | comment: -- | edit

天真爛漫な妖精たち… 


山野草の盗掘は刑に問われます
そこで
最近では園芸化された山野草が増えているのをご存知ですか...
今日は我が家の小さくて天真爛漫な蘭たちがモデルです


* フウキラン(富貴蘭)・・・
枝の分かれ目で根を張り
夏は木陰で枝にしがみつき
大人の雰囲気を漂わせる
夜になると甘い香りを放ちます。。


DSCF8560.jpg

DSCF85481.jpg




* チョウセイラン(長生蘭)・・・
仄かに花びらの先端をピンクに染める
恋を知った無垢な少女のよう
このまま穢れを知らないで育ってほしいと願う


DSCF4784.jpg




* オリヅルラン(折鶴蘭)・・・
ランナーの先には子株がついて小さな可愛いお花を咲かせる
兄弟、姉妹、親類がどんどん増えていく


DSCF85181.jpg

DSC_0963.jpg




* エビネ(海老根)・・・
春咲きと夏咲きがあり
これは典型的な春咲きエビネ
控え目で誇張しない


DSCF46331.jpg



* イワチドリ(岩千鳥)・・・
山野草ファンには人気のお花です


20170508_07592312.jpg




蘭は管理が難しいと敬遠されがちですが
我家の小さなランたちは
いわば野生化されたランたちです。
あの豪華で気品ある蘭とはチト違います

木陰でひっそり咲いて
人のココロを巧みに操り、情緒を安定させる
山野に生まれた小さな妖精たちです。。


thread: 花・植物 | janre: 写真 |  trackback: -- | comment: -- | edit

初夏への華リレー… 


しなやかな枝先に白い花が固まって咲き
ユキヤナギをイメージさせるコデマリ

ユキヤナギが終るとコデマリが咲き
コデマリからオオデマリ
アナベルへと続く春から初夏への華リレー


DSCF41621.jpg

DSCF431511.jpg

DSCF43211.jpg





オオデマリは、紫陽花(アナベル)とよく似ていて
黄緑から白へと変化した花が丸く手毬のように咲く
花びらはコデマリより大きくて眩い白さ


DSCF48011.jpg

DSCF47991.jpg


コデマリもオオデマリもアナベルも
み~んなまとめて『 てまりばな 』


【 白 】 はお花に限らず気持ちがリセットされて
真新しい出会いに期待が膨らむ


thread: 花・植物 | janre: 写真 |  trackback: -- | comment: -- | edit

ニッコウキスゲ… 


伸びて湾曲した濃緑の葉っぱから
茎が吐出して山吹色の花弁が反りかえる ...


DSCF30681.jpg


百合を忍ばせた花姿
【 別 名 】 ゼンテイカ(禅庭花)。
【 花言葉 】 晴れた日の喜び、心安らぐ人


DSCF47421.jpg


山野植物とも言われて
尾瀬ヶ原や霧ヶ峰周辺には群生地が広がっているらしい


DSCF47551.jpg


我が家には3株しかなくて
それでも1株に5~7個のお花が咲く
一日一個づつ咲く一日花で、朝咲いて夕方にはしぼんでしまう。
見ごろは1週間という短い命


1.jpg


それでも庭が華やかな色で満たされると
ちょっと心ウキウキ
足元が軽やかになり気持ちが救われる


余談ですが

ネーミングの由来は日光に多く自生していたことからニッコウキスゲとか...

尾瀬の花といえばミズバショウではなくニッコウキスゲだったそうです。。


thread: 花・植物 | janre: 写真 |  trackback: -- | comment: -- | edit