FC2ブログ

*四季の風便り*

風がつぶやいたひとりごと...

10月最後の日… 


火星が急接近した満月の夜
ブルームーンとハロウィンが重なった10月最後の日

何かが起こりそうな予感・・・
しませんか



DSCN4912.jpg

DSCN4918.jpg

DSCN4920.jpg



コロナ禍で右往左往し始めてから9か月が過ぎようとしています
マスク併用が当たり前になり
外出することに負い目を感じたり
目まぐるしく変わっていく世論にも多少の疑問を感じたり
・・・etc
でも自分の生活は自分で守らないとですね

ブログ更新も滞りがちですが
11月もよろしくお願いします。

寒暖差に気をつけて、紅葉をお楽しみくださいね。。





♦♥♦―――――♦♥♦―――――♦♥♦―――――♦♥♦―――――♦♥♦





今日読み終えたばかりの
『天国までの百マイル』


DSCF6006.jpg


4人兄姉の末っ子城所安男は自分の会社をバブル崩壊で失い
妻子と別れた後、莫大な教育費を強いられる。
そんな彼を純粋で寛容な愛でひとりの女性が面倒を見る
心臓病を患う母の命を救うため
天才的な心臓外科医がいるという病院をめざし
奇跡を信じて百マイルをひたすらに走る
親子・兄姉、夫婦、男女の
それぞれの切なく哀しいココロ模様が描かれている感動の物語

涙で最後を閉じました。。


thread: 雑記 | janre: 日記 |  trackback: -- | comment: -- | edit

自然の寛容さ… 


数日前の秋晴れの日
青空に導かれるように隣町のダム湖へ
紅葉の下見に行ってきました


DSCN45761.jpg

ここは五棟の東屋が点在し
ウォーキングやジョギングなどの休憩に使われたり
四季を通して移り変わる自然を満喫できる市民の憩いの場でもあります
最も山の麓になるので、現地までは車で移動し、駐車場から移動になります。


DSCN4566.jpg


ダム湖に迫り出した部分は水嵩が増えると水没してしまいそうですが・・
どうなんでしょうね...


DSCN4574.jpg

DSCN4575.jpg


紅葉とはかけ離れた光景が目の前に広がっていましたが
私自身リフレッシュも出来たことだし
これはこれでいいかな・・と自己納得でした



DSCN45671.jpg



この日はお天気に恵まれた休日とあって
ひとりキャンプをされている方もいて
全身の細胞を解放して自然を満喫しているようでした。

やっぱり自然の恩恵は大きいですね。。



thread: 何気ない日常の写真 | janre: 写真 |  trackback: -- | comment: -- | edit

個性的なホトトギス… 


数日前にブロ友さんの所で拝見したホトトギスは
同じお花とは思えないほどやさしい表情でした

とっても個性的で、どちらかと言うと
ちょっと苦手なお花でした

でも、それって見た目だけで判断して
真っ直ぐに見ていなかったってこと!!



DSCF0597.jpg


DSCF0629.jpg


DSC_1343.jpg



斑入りのホトトギス
薄色の花弁は控えめな雰囲気が漂っています


DSCF0627.jpg



真っ白なホトトギス
清楚で同じホトトギスの仲間とは思えないですね。。


DSCF0636.jpg


でも、正真正銘みんなお仲間です(o^―^o)


thread: 花・植物 | janre: 写真 |  trackback: -- | comment: -- | edit

守られて… 


風に委ねた秋桜が語らい、歌い、踊る
しなやかで柔軟な花姿は憧れです
華奢な秋桜にも優しい風が吹きはじめました


DSCF03831.jpg


あなたの笑顔が最高の歓びでした
あなたがそこにいてくれるだけで幸せでした
あなたの夢が私の夢でした


DSCF03881.jpg


ひと筋の涙を残して…
あの日から何も語らない
笑顔で見つめているだけ


DSCF47541.jpg


今でも忘れられないあの涙
でも
いつの間にかあなたのいない暮らしに慣れてしまった


DSCF49451.jpg


時間(とき)は残酷、容赦なく過ぎてゆく
でも
繰り返される季節(とき)という名の優しさに守られている。。







♦♥♦―――――♦♥♦―――――♦♥♦―――――♦♥♦―――――♦♥♦





柚月裕子 : 『 慈雨 』

過去に関わった冤罪に心痛め、
定年後に妻を伴って四国巡礼の旅をしながら
ひとつの決断を下すまでの心の描写を鮮明に描いた長編ミステリー小説です。



IMG_6914.jpg



過去に冤罪を引き起こした誘拐殺人事件
それに酷似した新たな誘拐事件が起こり、神場の心は乱れる。

人生の半生を警察官として生きてきた神場が旅を続けながら
娘の恋人で元部下との連携によって事件を解決に導く

遍路旅の地で出逢った人々と触れ合うその過程で
過去の自分と決別し、これからの自分と向き合う

妻の存在が乾ききった神場の心に恵みの雨を降らせる
慈愛に満ちた夫婦の絆が心に沁みた一冊でした。。


thread: 花・植物 | janre: 写真 |  trackback: -- | comment: -- | edit

金木犀… 


仕事から帰り、車から降りると一番に出迎えてくれるのが
ほのかに甘い金木犀の香り

ちょっとだけ他所より晩生の我が家の金木犀
秋の澄んだ空にまさしくキラキラ輝く星の如くオレンジの花

休日には窓を全開していると
部屋の中は優しい香りに満たされる

金木犀の魅力はこの香りと
琵琶のような大きな葉っぱに守られて
そっと咲く可愛いオレンジの花。。


DSCF58412.jpg


DSCF58362.jpg


DSCF58332.jpg



因みに キンモクセイの香りには心を落ち着かせるリラックス効果があるそうですよ。


thread: 花・植物 | janre: 写真 |  trackback: -- | comment: -- | edit

スポーツの秋… 


昨夕は雨上がりの西の空に見事な程にやけた夕焼けが
同じ時間帯を少しだけ明るく射してくれました


DSCF5891.jpg


山の斜面から風に煽られて
道路面に垂れ下がる山萩


DSCF5825.jpg

DSCF5818.jpg



萩ももう終わりですね。
こうして季節の花々は次から次へと彩を変え
来年へと季節は紡がれてゆくのですね。。





♦♥♦―――――♦♥♦―――――♦♥♦―――――♦♥♦―――――♦♥♦




スポーツの秋とは言うものの
気温が一気に下がり始めて冬支度に取り掛かろうとする昨日今日
アウトドアにもちょっと限界があるかなと・・
そんな時には
読書の中でスポーツに勤しみませんか・・?





【一瞬の風になれ】 ①イチニツイテ ②ヨウイ ③ドン

IMG_6413.jpg


タイトルに魅せられて手に取った一冊でした

天才の兄を持つ元サッカー少年
夢をうしなった少年はスポーツテストで味わったあの疾走感が忘れられず
幼馴染で練習嫌いの天才スプリンターとともに
陸上を通して成長してゆく高校生の3年間の物語

焦燥感や挫折を経験しながら切り拓いてゆく
読み進める程に熱いものを感じ
時には涙しながらも活力がみなぎってくるようでした。。



【ヒート】 

IMG_6916.jpg


一人の日本人に世界最高記録を出させるためだけにセッティングされた「東海道マラソン」
神奈川県知事の号令のもと、ひとりの平凡な県庁職員に指令が下る

日本陸上界の至宝ランナーのペースメーカーとして
孤独なランナーが自分との葛藤に心震わせながら
命令とも言える職務を全うしようと考えるけれど・・・
最後まで一気読み、余韻の残る一冊です。。


thread: 何気ない日常の写真 | janre: 写真 |  trackback: -- | comment: -- | edit

秋色探して… 


葉色がグラデーション化してゆく期間限定の秋色

DSCN4589.jpg



枯れ枝にも彩を

DSCN4590.jpg


光が差し込むと眩い光彩色に変化

DSCN4587.jpg


里の秋が和彩で埋められ
もうすぐ錦秋へと空間を彩ってくれます


thread: 何気ない日常の写真 | janre: 写真 |  trackback: -- | comment: -- | edit

青空を追いかけて… 


手を伸ばせば届きそうだった雲が高くなってゆく

空が繋がっているってこと
いつ頃知ったのかな・・・




DSCN4581.jpg

DSCN45681.jpg


DSCN4591.jpg





♦♥♦―――――♦♥♦―――――♦♥♦―――――♦♥♦―――――♦♥♦





少しずつ長くなってきた秋の夜
私にとって一冊の本は心の潤滑油です。


青空と言えばこれ!
辻村深月さんの 『 青空と逃げる 』


IMG_6461.jpg


交通事故による誤報が招いた家族の危機
平凡な幸せ、平凡な日常が奪われ
東京から四万十(高知)、家島(兵庫)、別府、仙台、北海道と
逃避行を続ける

逃げた先にはいつも青空があり心救われ
地方の人々の温かさに心緩み
ひと時の安らぎを得る
でも、それも束の間

追手が迫る恐怖に怯えながらも
懸命に生きようとする母子


母の想い、子の想い、そして父の深く強い愛
貪欲に生き抜こうとする家族の再生物語

優しく、明日に希望を繋いでくれる一冊です。。



thread: 雑記 | janre: 日記 |  trackback: -- | comment: -- | edit

取り巻く不安… 


10月は台風が発生しやすい時期とはいうものの
やはり不安は大きいですよね
どの地域にも大きな被害が出なければいいのですが...
早く海の藻屑となって消えて欲しいですね。



DSCF5790.jpg

DSCN4530.jpg

DSCF5725.jpg

DSCF5776.jpg


進路方向にお住まいの方はくれぐれもお気を付けくださいね





♦♥♦―――――♦♥♦―――――♦♥♦―――――♦♥♦―――――♦♥♦





余談なのですが・・

昨日当地方の教育関係機関に「4時33分・爆弾」という予告があり
私の職場も関係機関の為、注意を促され一時騒然となりました

最初から悪戯だろうという楽観視はされていたようですが
時間が近づくと必要以上にパトカーのサイレン音が
逆に不安を掻き立てる結果となり
周知されている関係者にだけ伝わる不安でもありました

一個人の感情で関係のない人達を不安に陥れる
どんな言い訳があろうとも許されない行為です。

何事もなかったのでよかったのですが
日々の暮らしの中で
形こそ違っても不安というものは
常に私たちを取り巻いているんだと痛感した初めての経験でした。。


thread: ひとりごとのようなもの | janre: 日記 |  trackback: -- | comment: -- | edit

秋模様… 


秋に色づく葉っぱにも
春に負けないくらい素敵な物語を感じます


DSCF5693.jpg

DSCN4345.jpg



*秋明菊(シュウメイギク)

秋の陽ざしをたっぷり受けて
スゥ~と伸びた茎の先には白やピンクの秋花
少し風が吹けば右へ左へと優しく揺れる
儚くも可憐な花姿


DSCF56202.jpg


DSCF5592.jpg


DSCF5695.jpg

花言葉 : 薄れゆく愛…



thread: 花・植物 | janre: 写真 |  trackback: -- | comment: -- | edit