FC2ブログ

*四季の風便り*

風がつぶやいたひとりごと...

万両を狙う鳥たち… 


我が家のツワブキ
楚々とした花姿がお気に入りです

DSCF6166.jpg


万両も紅く色づき始め
雨上がりの朝、ルビーのような輝きを放ってくれました


DSCF62781.jpg


昨年はヒヨドリに全部奪われた白い万両も実をつけました


DSCF80141.jpg


その万両の実や南天の実を狙っているのはこの子たち
ここ数日、毎日のように電線に群がって囀っています

(その1 ムクドリ)
DSCN5539.jpg


待機して指示を待ってるようです

DSCN5525.jpg


(その2 ヒヨドリ)
DSCN4825.jpg


(その3 ツグミ)
DSCN5449.jpg


お正月飾りに使う前になくなってしまいそうです。。
thread: 何気ない日常の写真 | janre: 写真 |  trackback: -- | comment: -- | edit

山茶花の一年… 


山茶花が咲き始めると間違いなく冬の訪れ
それでも冬は足踏み状態で
小春日和が続いています


DSCF6218.jpg

麗しい花姿の成長記録です...



少し赤みがかった実が熟すまで
花が咲いた後
約一年の月日がかかっています...

DSCF59891.jpg


茶色っぽくなった殻が割れて種子が現れます...

DSCF60421.jpg


種子が落ちた後の殻もやがて枝から離れます...

DSCF60201.jpg


晩秋を迎えると
待ち焦がれたように可愛い蕾が膨らみ始めます...

DSCF6094.jpg


冬と言う名の風が吹き始めると
彩り・香り共にピークを迎えます...

DSCF6097.jpg



白やミックスはまだ蕾のまま・・
三色のさざんかが庭を彩ってくれるのももうすぐ

植物は人の一生に比べると
ほんとに短いサイクルで繰り返しなのに
毎年変わらない姿で愛でる幸せを与えてくれます


取るに足らないような人生でも
自分にとっては唯一無二の私の人生

ひとりでは何にもできないけど
いろんな人に支えられて助けられて
今ここにいる

全ては出会いから始まっているように思う
植物のように繰り返すことはできない
だからこそ今を
出会いを
大切にしたいと思っています。。




♥♦♥―♦♥♦―♥♦♥―♦♥♦―♥♦♥―♦♥♦―♥♦♥―♦♥♦―♥♦♥





~本のご紹介~

新藤冬樹 : 『銀行籠城』


IMG_6454.jpg



1979年三菱銀行人質事件を彷彿させた内容
行員と居合わせたお客を人質にして籠城を続ける
心を閉ざした犯人は人質を奴隷として扱い支配する
金品を要求することもなく、人質への残虐極まりない行為を繰り返す
犯人五十嵐と警察の駆け引き、人質たちの駆け引き
リアルな現状ミステリーです。



thread: 花・植物 | janre: 写真 |  trackback: -- | comment: -- | edit

鵜の告白… 


終日降った雨の翌日
重なり合う峰に霧がかかり
無彩色で
幻想的な光景が広がっていました

DSCN51301.jpg



時間の経過とともに
行く先を遮っていた霧も流れ
脈打つ自然の鼓動が聞こえ
キャンバスに絵筆をはしらせたように彩りが蘇る


DSCN52421.jpg

DSCN51621.jpg


向かうは・・・


DSCN51631.jpg


塩江温泉郷

DSCN51841.jpg



温泉郷の狭間を帯のように流れる川には・・



シラサギ                             カワウ
DSCN5217.jpg   DSCN52321.jpg



                               (こっちにおいでよ・・♥)
DSCN51861.jpg


                              (ぼくとつきあわない?・・♥)
DSCN51901.jpg


(そんなこと・・急に言われても・・)

DSCN51951.jpg


(わたしでいいいのかしら・・♥)              
DSCN51911.jpg

(よろしくおねがいします・・♥)       (お願いします・・♥♥)  
DSCN52221.jpg

                                   (やったぁ~・・♥♥♥)
DSCN52361.jpg
                       

など会話があったかどうかはわかりませんが・・


そんな様子を見ていたアオサギさん
割って入ることはできません



DSCN52281.jpg



凄味を利かせた眼力
恋敵の眼? or 保護者の眼?

DSCN52211.jpg



毛色が違っても理解し合えることって素晴らしいことですね
あるところではコロナによる差別化が世論を刺激しました
自然界を生きる者たちの掟を越えた親和
感動したのは紅葉だけでなく、ほっこりしたひと時でした


バカバカしい長い記事にお付合いいただき、ありがとうございました
ほんの一瞬でも頬が緩んだなら嬉しいです。。









thread: 野鳥の写真 | janre: 写真 |  trackback: -- | comment: -- | edit

結願寺の紅葉partⅠ 


コロナ禍で外出自粛が解禁されたとはいえ
どこからこれ程集まったのかしらと思う程
(他人様の事は言えませんが・・・)

人の混雑
車の混雑
撮影者の混雑・・・移動してくれません

モラルを持って他国に行った時には
その国のルールを守りたいですね...


大窪寺(おおくぼじ)

DSCN53401.jpg


石碑を右に見て石段を上がります

DSCN53451.jpg


二天門をくぐると

DSCN53421.jpg


本堂があります

DSCN52801.jpg


女性の参拝を許されていたので
「女人高野」としても有名です


秋の陽ざしが心地よく
木陰を作る風情ある佇まいに
しばらく立ち止まり彩(いろ)に酔う.

DSCN49791.jpg


見上げれば青空が隠れる程の紅葉に感嘆の声を漏らす...

DSCN52931.jpg


風格を放つ二天門を取り囲む紅葉

DSCN52721.jpg

DSCN50201.jpg

DSCN50311.jpg


まるでスポットが当てられたスターのように
得意満遍の輝きを放つ

DSCN53091.jpg


残るひと葉も散るひと葉
(どこかで聞いたような・・ )

image72.gif



可能な限り人を避けて
沢山の写真を撮って来たので少しずつ
小出ししながらupしていきたいと思います。



明日から一週間始まります
笑顔で過ごしたいですね。。


thread: 写真日記 | janre: 日記 |  trackback: -- | comment: -- | edit

初冬を知らせる皇帝ダリア… 


最近は空も冬模様
どんよりした雲がかかる日が多くなりました

それでも当地はまだ冬の入口



image58.png



初冬の空に見上げた皇帝ダリア

背高のっぽで羨ましいほどスレンディー
どこか頼りなく揺れる花姿に
つい目を奪われます



image59.png



いつのころからか
このお花が咲くと
冬の到来という潜在意識が働き出す



♦♥♦―――――♦♥♦―――――♦♥♦―――――♦♥♦―――――♦♥♦


~ここでプチ情報~ 

皇帝ダリアは短日植物の為
気温が下がり、日照時間が短くなると咲き始めます。
家屋の東側(陰)と西側(西日が当たる)では
当然東側が早く咲くということになります。


♦♥♦―――――♦♥♦―――――♦♥♦―――――♦♥♦―――――♦♥♦



晩秋から初冬にかけて咲く皇帝ダリアは
名前にふさわしく優雅で華麗



image57.png


見上げては背伸びをして
嫉妬まじりのため息をする...



image61.png



12月上旬ころまでは
華やかな彩を添えてくれる皇帝ダリア

今日も風にまかせてゆったり揺れているだけ。。


thread: 花・植物 | janre: 写真 |  trackback: -- | comment: -- | edit

有明の月と金平糖の花… 


今日は立冬だったんですね
小雨が降り続き、ちょっと肌寒い一日でした。


一昨日出勤前に玄関を出て
見上げた空に白いお月様


image53.png



固く閉ざしたモクレンの蕾が
秋から冬へと移り変わる季節を促しているよう...
冬を乗り越えて春には大きな木蓮の花を咲かせる



♦♥♦―――――♦♥♦―――――♦♥♦―――――♦♥♦

ここでプチ情報・・・
昼間に見える白い月を有明の月というのだそうです
φ(..)メモメモ
皆さんご存知でしたか・・?
もしかして知らなかったのは・・私だけ???

♦♥♦―――――♦♥♦―――――♦♥♦―――――♦♥♦



金平糖のような可愛い花
『 ヒメツルソバ 』


image051.png


春は新緑
秋は紅葉した中に
球体の可愛いピンクの花がさく


image002.png


生命力が強くてこぼれ種でどんどん増殖する
春に摘んで
夏は身を潜めて
秋になると声かけあって出てくる

気がついたらあっちにもこっちにも
でも
やっぱり可愛いから無下にできない


image54.png


よく言えばグランドカバー化して地を這う
それが課せられた任務のように…

今日のメインゲストは 『 ヒメツルソバ 』 でした





♦♥♦―――――♦♥♦―――――♦♥♦―――――♦♥♦―――――♦♥♦




お薦めの一冊です
重松清 : 十字架


image0050.png



いじめや虐待報道が日常茶飯事に繰り返され
陰険さがエスカレートしている昨今
いじめや虐待等で自殺した事により
残された者が背負った十字架の重さ
苦悩する日々をリアルに描いた一冊です

心に痛みを感じながら一気に読了しました。。

thread: 花・植物 | janre: 写真 |  trackback: -- | comment: -- | edit

野鳥の動き・・・ 


霜月初めての投稿です
今月も早5日が過ぎようとしています。
猛暑続きの暑さから秋の心地良い陽ざしは束の間
寒さの訪れは昨年より少し早いような気がします




数日前に撮影したモズくんとヒヨドリくんです
(今いち鮮明さに欠けるのですが、トリミングはしていません)


ナンバーをつけているのは・・・
つまり①→②→③→④だろうと何にも疑わなかったのですが
④→③→②→①ではないだろうかと
ここにUpして初めて気がついたのです

連写であればすぐわかることなのですが・・
順序が変われば私の中の物語も変わります

でもよく観察してみると
野鳥の動きって同じ動作を繰り返すことも多いようです

順序通りとはいかないものかもしれません...




DSCN4926.jpg


DSCN4932.jpg


DSCN4927.jpg


DSCN49341.jpg


遠くから見ていたヒヨドリくん
何かを企んでいる・・?


DSCN4847.jpg




庭先の赤い実を狙ってやってくるヒヨドリくんを追い払うために
フクロウ叔父さん、手作り巣箱で夜の番人です


DSCF58921.jpg

thread: 野鳥の写真 | janre: 写真 |  trackback: -- | comment: -- | edit