FC2ブログ

*四季の風便り*

風がつぶやいたひとりごと...

山茶花の一年… 


山茶花が咲き始めると間違いなく冬の訪れ
それでも冬は足踏み状態で
小春日和が続いています


DSCF6218.jpg

麗しい花姿の成長記録です...



少し赤みがかった実が熟すまで
花が咲いた後
約一年の月日がかかっています...

DSCF59891.jpg


茶色っぽくなった殻が割れて種子が現れます...

DSCF60421.jpg


種子が落ちた後の殻もやがて枝から離れます...

DSCF60201.jpg


晩秋を迎えると
待ち焦がれたように可愛い蕾が膨らみ始めます...

DSCF6094.jpg


冬と言う名の風が吹き始めると
彩り・香り共にピークを迎えます...

DSCF6097.jpg



白やミックスはまだ蕾のまま・・
三色のさざんかが庭を彩ってくれるのももうすぐ

植物は人の一生に比べると
ほんとに短いサイクルで繰り返しなのに
毎年変わらない姿で愛でる幸せを与えてくれます


取るに足らないような人生でも
自分にとっては唯一無二の私の人生

ひとりでは何にもできないけど
いろんな人に支えられて助けられて
今ここにいる

全ては出会いから始まっているように思う
植物のように繰り返すことはできない
だからこそ今を
出会いを
大切にしたいと思っています。。




♥♦♥―♦♥♦―♥♦♥―♦♥♦―♥♦♥―♦♥♦―♥♦♥―♦♥♦―♥♦♥





~本のご紹介~

新藤冬樹 : 『銀行籠城』


IMG_6454.jpg



1979年三菱銀行人質事件を彷彿させた内容
行員と居合わせたお客を人質にして籠城を続ける
心を閉ざした犯人は人質を奴隷として扱い支配する
金品を要求することもなく、人質への残虐極まりない行為を繰り返す
犯人五十嵐と警察の駆け引き、人質たちの駆け引き
リアルな現状ミステリーです。



thread: 花・植物 | janre: 写真 |  trackback: -- | comment: -- | edit

鵜の告白… 


終日降った雨の翌日
重なり合う峰に霧がかかり
無彩色で
幻想的な光景が広がっていました

DSCN51301.jpg



時間の経過とともに
行く先を遮っていた霧も流れ
脈打つ自然の鼓動が聞こえ
キャンバスに絵筆をはしらせたように彩りが蘇る


DSCN52421.jpg

DSCN51621.jpg


向かうは・・・


DSCN51631.jpg


塩江温泉郷

DSCN51841.jpg



温泉郷の狭間を帯のように流れる川には・・



シラサギ                             カワウ
DSCN5217.jpg   DSCN52321.jpg



                               (こっちにおいでよ・・♥)
DSCN51861.jpg


                              (ぼくとつきあわない?・・♥)
DSCN51901.jpg


(そんなこと・・急に言われても・・)

DSCN51951.jpg


(わたしでいいいのかしら・・♥)              
DSCN51911.jpg

(よろしくおねがいします・・♥)       (お願いします・・♥♥)  
DSCN52221.jpg

                                   (やったぁ~・・♥♥♥)
DSCN52361.jpg
                       

など会話があったかどうかはわかりませんが・・


そんな様子を見ていたアオサギさん
割って入ることはできません



DSCN52281.jpg



凄味を利かせた眼力
恋敵の眼? or 保護者の眼?

DSCN52211.jpg



毛色が違っても理解し合えることって素晴らしいことですね
あるところではコロナによる差別化が世論を刺激しました
自然界を生きる者たちの掟を越えた親和
感動したのは紅葉だけでなく、ほっこりしたひと時でした


バカバカしい長い記事にお付合いいただき、ありがとうございました
ほんの一瞬でも頬が緩んだなら嬉しいです。。









thread: 野鳥の写真 | janre: 写真 |  trackback: -- | comment: -- | edit

結願寺の紅葉partⅠ 


コロナ禍で外出自粛が解禁されたとはいえ
どこからこれ程集まったのかしらと思う程
(他人様の事は言えませんが・・・)

人の混雑
車の混雑
撮影者の混雑・・・移動してくれません

モラルを持って他国に行った時には
その国のルールを守りたいですね...


大窪寺(おおくぼじ)

DSCN53401.jpg


石碑を右に見て石段を上がります

DSCN53451.jpg


二天門をくぐると

DSCN53421.jpg


本堂があります

DSCN52801.jpg


女性の参拝を許されていたので
「女人高野」としても有名です


秋の陽ざしが心地よく
木陰を作る風情ある佇まいに
しばらく立ち止まり彩(いろ)に酔う.

DSCN49791.jpg


見上げれば青空が隠れる程の紅葉に感嘆の声を漏らす...

DSCN52931.jpg


風格を放つ二天門を取り囲む紅葉

DSCN52721.jpg

DSCN50201.jpg

DSCN50311.jpg


まるでスポットが当てられたスターのように
得意満遍の輝きを放つ

DSCN53091.jpg


残るひと葉も散るひと葉
(どこかで聞いたような・・ )

image72.gif



可能な限り人を避けて
沢山の写真を撮って来たので少しずつ
小出ししながらupしていきたいと思います。



明日から一週間始まります
笑顔で過ごしたいですね。。


thread: 写真日記 | janre: 日記 |  trackback: -- | comment: -- | edit